『十二人の死にたい子どもたち』“とまん”が死体役を熱演、十三人目の死体役“生”実演イベントの開催も

1月11日(金)3時0分 映画ランドNEWS

2019年1月25日(金)公開の映画『十二人の死にたい子どもたち』にて、“十三人目”=死体役をモデルや俳優として活躍中の“とまん”が演じていることが明らかになった。



『劇場版 SPEC』『人魚の眠る家』などで知られる堤幸彦が監督を務める本作は、<安楽死>を求め廃病院へと集まった見知らぬ十二人の死にたい<未成年たち>によって繰り広げられる密室サスペンス。「みんなで死ねば、怖くないから」と思っていた矢先、彼らはそこで十三人目のまだ生あたたかい死体に遭遇。彼らだけしか知らない計画のはずだったが、十三人目が現れたことにより、彼らの安楽死は阻まれてしまう。あちこちに残る不自然な犯行の痕跡、次々起こる奇妙な出来事。死体の謎と犯人をめぐり、疑心暗鬼の中ウソとダマしあいが交錯し、十二人の死にたい理由が生々しくえぐられていく。


出演するのは2018年の日本映画界をことごとく席巻した杉咲花新田真剣佑北村匠海高杉真宙黒島結菜、橋本環奈ら若手超オールスターキャスト6人と、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「SPEC」シリーズで数々の若手俳優を発掘し続けてきた堤幸彦監督にオーディションで選ばれた吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗ら将来の活躍が期待される俳優6人。“全員平成生まれ”今注目の気鋭の俳優12人が凄まじい才能を惜しみなく披露し、“これぞ演技バトルの真骨頂”という熱演を繰り広げる。


今回明らかになったのは、“十三人目”=死体役をモデルや俳優として活躍中の“とまん”が演じていること。安楽死を求め廃病院の密室に集まった十二人の未成年たちの前に立ちはだかる、ルール違反の“十三人目”=死体。彼の存在は“謎”そのものであり、本作で描かれる“密室サスペンス”の柱という重要な役割を果たす。また、1月19日(土)に新宿ピカデリーの1Fエントランスにて開催。“生”実演ということで、とまん自らが登場し、十三人目の死体役として登場する。


十三人目の死体役“生”実演 実施概要




日程:1月19日(土)時間:正午から不定期
場所:新宿ピカデリー 1F エントランス(東京都新宿区新宿3丁目15番15号)
登壇(敬称略):とまん
備考:劇場オープン時より整理券配布の上、各回人数制限を設け複数回実施予定。スケジュールを含む詳細は追って公式HP(http://wwws.warnerbros.co.jp/shinitai12/)・公式Twittter(@shinitai12movie)にて発表。



映画『十二人の死にたい子どもたち』は2019年1月25日(金)より全国公開


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「子ども」をもっと詳しく

「子ども」のニュース

「子ども」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ