「それいけ!アンパンマン」劇場映画第31作目が6月公開、生みの親やなせたかし生誕100周年

1月11日(金)2時25分 映画ランドNEWS

「それいけ!アンパンマン」第31作目となる劇場映画最新作が、『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』のタイトルで6月28日(金)より公開される。



1988年10月からTVアニメがスタート、さらに翌年の1989年3月には劇場版が初公開。30年以上の長い間、日本中に「愛と勇気」を届けてきたみんなのヒーロー、アンパンマン。その生みの親・やなせたかし氏の生誕100周年にあたる今年、第31作目となる劇場映画最新作の公開が決定した。


昨年映画化30周年記念作品として公開されたシリーズ第30作目『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』は、シリーズ屈指の大ヒットを記録。27弾(2015年)から異例の4年連続で5億円超えという快挙を達成し、沢山の子どもたちに愛される作品となった。


本作は、<アイスの国>のお姫様“バニラ姫”とアンパンマンたちが<アイスの国>を救うために奮闘する物語。バニラ姫は、魔法のスプーンを使ってアイスを作る<アイスの国>のお姫様。だが、バニラ姫には「アイスの国のお姫様なのに、アイスが作れない」という“悩み”があった。おかげで国中のアイスはすっかり無くなり、寂しい場所に。来る日も来る日も練習しているのに、全然アイスが作れないバニラ姫は、いら立ちからついにお城を飛び出してしまう。その途中でアンパンマンとコキンちゃんに出会ったバニラ姫は、「なぜ自分はアイスを作れないのか?」「何が自分に足りないのか?」をアンパンマン、なかまたちと過ごす中で少しずつ学んでいく。


原作者・やなせたかし氏の生誕100周年記念作品となる本作のキーワードは【笑顔】。アンパンマン、バニラ姫、沢山のなかまたちが日本中に“勇気”と“感動”そして<とびっきりの笑顔>をお届け。映画の冒頭には、毎年子どもたちに大好評の、アンパンマンたちと一緒に歌って手拍子で楽しめるパートが今年も登場。31作目となる今年は、広大な海を舞台に“手のひらを太陽に”や、“ドレミファアンパンマン”で盛り上がる。


映画『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』は6月28日(金)より元気100倍!全国ロードショー


(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「たかし」をもっと詳しく

タグ

「たかし」のニュース

「たかし」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ