ラブライブ声優がボトラー宣言の衝撃 ネットスラングではトンでもない意味

1月11日(水)17時31分 J-CASTニュース

「ボトラー」告白にファン大興奮(画像は逢田さんのインスタグラムより)

写真を拡大

人気アニメ『ラブライブ!サンシャイン』の出演で知られる声優・逢田梨香子さん(24)がインスタグラムに書き込んだあるワードに、一部のファンが大興奮状態になる騒ぎが起きた。

「ボトラー卒業します」——。インターネット上で思わぬ騒ぎを呼んだのは、逢田さんが何気なくつづったと見られるこんな一言だった。



「女の子がボトラーなんて言っちゃいけません!」



逢田さんは2017年1月3日、ファンへ向けた「新年のあいさつ」を自身のインスタグラムに投稿した。「あけましておめでとうございます。皆様、お正月いかがお過ごしですか?」との書き出しで、年末年始の過ごし方や17年の意気込みをつづったものだ。



投稿の末尾には、「今年の抱負」として複数のハッシュタグが付けられた。そのタグで逢田さんが表明した抱負は、



「♯ペットボトルの中身をキチンと飲み干す」

「♯そして捨てる」

「♯ボトラー卒業します」


というものだった。



逢田さんは16年4月配信のネットラジオ番組に出演した際、部屋中に飲みかけのペットボトルが数多く溜まってしまうという悩みを明かしていた。そうした経緯を踏まえると、今回の抱負は、購入したペット飲料を最後まで飲み切って、キチンと処分したい——そんな意味だと言えそうだ。



だが、逢田さんが投稿したこのハッシュタグが、一部ファンの間で思わぬ騒ぎを呼ぶことになった。インスタグラムのコメント欄やツイッターには、



「やばい?マジで?」

「ボトラーとか興奮する」

「え、りきゃこ(編注・逢田さんのこと)ボトラーだったの????ご馳走様です」


といった興奮気味の書き込みが続出。その一方で、「女の子がボトラーなんて言っちゃいけません!」「ボトラーのタグ消し早くしないと...」などと逢田さんに忠告を送るユーザーも出ている。




ネットスラングとしての「ボトラー」は・・・



いったいなぜ、ネットユーザーはこんなに騒いでいるのか。



実は、逢田さんが使った「ボトラー」という言葉は有名な「ネットスラング」の1つで、インターネット上では、



「ペットボトルで小用を足す人」


を指す意味で使われることが多い。ネット上では長い間使われている定番のスラングで、「週刊SPA!」(ネット版)の2012年9月29日配信記事でも、同様の意味のボトラーたちに取材した様子を報じている。さらには、「おまラー」(おまるで用を足す人)や「スナラー」(ペット用の砂で用を足す人)などの派生語まで存在している。



つまりは、ネット上ではこうした意味で使われる「ボトラー」という言葉を、逢田さんが「卒業します」という言葉と共に用いたことで、一部のファンが妄想を膨らませる事態となっていたのだ。実際、逢田さんのファンからはネット上に、



「(逢田さんが)意味を知って顔真っ赤にするとこ見たい」

「なぜ自分がペットボトルに生まれてこなかったのか悔やまれる」

「りきゃこで変態な妄想ばっかしてました。すいません、仕事に全然集中してませんでした」


といった「暴走気味」の書き込みも数多く出ていた。こうした書き込みが大量にネット上へ寄せられたためか、大手検索サービス「ヤフー」で「ボトラー」と検索すると、関連ワードの1つ目には「逢田梨香子」という名前が出てくる状況となっている(17年1月11日昼時点)。



なお、逢田さんは11日昼時点で、ネット上のこうした騒ぎに反応しておらず、インスタグラムの「ボトラー卒業します」というタグもそのままになっている。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ラブライブをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ