「中国は400年前の沖縄によくしてくれた」 ウーマン村本が弁明したお婆さんの話が「無知すぎる!」

1月11日(木)18時40分 J-CASTニュース

お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さんがツイッターで、沖縄のお婆さんから「400年前に戻りたい、中国はよくしてくれた」と言われた、と発言したためネットで「無知だ!」などと激しいヒンシュクを買うことになった。

テレビ番組で「日本は沖縄を中国から奪った」発言をして大批判を浴びたことに対する言い訳だったのだが墓穴を掘ることになった。「高須クリニック」の高須克弥院長からは、「イタコの婆ちゃんかい?」というツッコミが入った。



「沖縄はもともと日本が中国から取ったもの」



村本さんは2018年1月9日、中国の情報サイト「レコードチャイナ」(18年1月3日配信)をツイッターにアップした。その記事は、18年1月1日に討論番組「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)の元旦スペシャルに出演した村本さんが沖縄について、「もともと中国から取ったんでしょ」、尖閣諸島問題について「取られてもいいです。僕は明け渡します」と発言したことに関する中国国内での反応を書いている。中国のネットユーザーは「なんて誠実な回答だ」「この人の言っていることは正しいし、客観的だ」「首相になるのに適した人だ」など、称賛するコメントが非常に多く寄せられている、とした。


日本では番組の途中から「無知すぎる!」「売国奴だ!」といった激しい批判が起きたため、村本さんは1日、琉球王国に関する資料の一部をツイッターにアップし、


「沖縄は中国だった、ってのは僕のこれを読んでの咄嗟の拡大解釈でした、反省 」

とツイッターで弁明した。しかし、これが「謝罪がない!」として火に油を注ぐ形となった。


そのため、今回の「レコードチャイナ」の記事を使い弁明したわけだが、それが思わぬ大ヒンシュクを買うことになった。「朝ナマ」であのような発言をした理由について、沖縄のお婆さんに話を聞く機会があり、それは、


「『400年前に戻りたい、中国はよくしてくれた、いまはアメリカと日本が怖い』と言ってたのを聞いていて、中国から取ったと言っちゃった。ほかにもあるけど」

とツイートしたのだ。



沖縄県民「あなたを評価する人は周りにほとんどいません」


村本さんのツイートに対し、中国(中華人民共和国)の建国は1949年10月だから歴史は僅か68年余り、400年前は明の時代だったが明と琉球王国は冊封関係(主従関係)で同じ国ではない、薩摩藩が琉球侵攻し支配したのは1609年だから400年前に戻っても沖縄は日本だ、などといった総ツッコミが起こり、


「そのばあちゃんは、400年も生きてるのかw 400年前に中国なんて国はなかったぞww」

「沖縄県民ですが、あなたを評価する人は周りにほとんどいません。中国や日本の反日メディアに煽られただけで調子にのるな」

「自分がアホでした、無知でした、とは死んでも言えないプライドが逆効果で、どんどんアホの墓穴掘ってるね」

「歴史は、無視ですか(笑)村本さん、中共の毒に騙されていますね」

などといったことが村本さんのツイッターや掲示板に書き込まれた。「高須クリニック」の高須院長は10日、村本さんに、


「イタコの婆ちゃんかい?」

と質問した。村本さんはなぜか、


「まさに!世の中イタコだらけですね」

と嬉しそうに答えたため、


「高須先生、こんな馬鹿を相手にするのは時間の無駄です」

といったリプライも出た。村本さんは10日、


「小泉元首相としゃべりたいなー原発のことで」

とつぶやいている。時事ネタへの関心は尽きないようで、それはコメディアンにとってとてもいいことなのだが、また「無知」からとんでもない発言が飛び出すのではないか、と心配するファンが多い。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中国をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ