NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第40回「松永久秀の平蜘蛛」信長と光秀の亀裂の始まり※あらすじ&視聴率一覧

1月10日(日)20時46分 海外ドラマboard

「志を高く持ち、心を美しく保つ覚悟を持て。」と松永久秀の遺言を受けとった十兵衛。尊敬の念を抱いていた武将、久秀が散ったことで、十兵衛の心の中に織田信長に対する変化が生じます。

第四十回「松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)」

大坂本願寺攻めの最前線から逃亡した松永久秀(吉田鋼太郎)に呼び出された明智十兵衛光秀(長谷川博己)は怒りを隠せなかった。松永は織田信長(染谷将太)を見限り、本願寺側に寝返ると言う。そうなれば、信長から畿内を平定するように命じられている十兵衛と戦をすることになってしまう。

まだ斎藤道三に仕えていた駆け出しの若侍のころ、初めて出会ってから松永久秀には友情と尊敬の念を感じていた十兵衛。松永も同じように武士としての絆を感じていた。別れる前に久秀は、「信長がどうしても欲しいと言っている茶器の名物平蜘蛛をお前にやる」と言って信頼を明かすのだった。

一方、織田信長は大阪本願寺との長引く戦に苛立っていた。そこへ来て松永久秀の裏切り、そして、帰蝶(川口春奈)も故郷の美濃にある小さな館に引っ込んでしまうという。信長は、家臣として信頼してきた十兵衛に改まった口調で聞くのだった。「松永久秀が持っていた平蜘蛛の行方を知らないか?」と。十兵衛は、「知らない」と答えてしまう。

イラストで振り返る第40回 松永久秀散る

織田信長が欲しがっていた平蜘蛛を抱えたまま爆死したという説もある松永久秀の最後。天下統一目前となった信長に屈しない姿勢を世間にみせた死に様でした。十兵衛は、久秀のことを慕っていたので、この死に様を見て思うところがあったのでしょう。
信長から「平蜘蛛の行方を知らぬか?」と聞かれて「知らない」と答えています。

『麒麟がくる』第40回「松永久秀の平蜘蛛」

峯丸ともか

久しぶりに会った帰蝶も信長の元を逃げるように去っていってしまいます。一緒に天下を目指してやってきたはずなのに、ズレが生じてしまった関係性。あまりに高い山に登りすぎて、恐ろしくなってきたという感じでした。勝気だったあの帰蝶が「もう殿が何をお考えなのか分からない。」と怯える様子でした。
十兵衛と信長の関係性も雲行きが怪しくなってきました。松永久秀が新貴山城で死んだのは1577年のこと。伊呂波太夫から「志を高く持ち、心を美しく保つものがこの平蜘蛛を持つにふさわしい」という久秀の遺言を受け取った十兵衛。次週、帝に会いどのような話し合いをするのでしょうか?クライマックスが近づいてきました!本能寺の変まであと5年です。

『麒麟がくる』連載記事一覧は下記記事の最終ページにまとめてあります

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第一話ネタバレなしでキャスト&あらすじ紹介 明智光秀が悟る麒麟の意味は?  | 海外ドラマboard

「麒麟がくる」視聴率&あらすじ一覧※ビデオリサーチ参照

タイトル視聴率ストーリー
第1回光秀、西へ 19.1%光秀、斎藤道三の許しを得て京へ。三淵藤英、松永久秀、望月東庵、駒と出会う。
第2回道三の罠(わな)17.9%光秀、美濃に戻り斎藤道三と織田信秀の戦いに参戦し、戦いの虚しさを知る。
第3話美濃の国16.1%光秀、斎藤高政に美濃をどう変えれば良い国になるのか話し合いたいと伝える。
第4話尾張潜入指令13.5%光秀、尾張に潜入し、織田の館で竹千代(徳川家康)に出会う。
第5話伊平次を探せ13.2%光秀、再び京へ。本能寺で足利義輝、そして後に盟友となる細川藤孝に出会う。
第6話三好長慶襲撃計画13.8%光秀、三好長慶への襲撃計画を知り阻止するが、傷を負い駒と東庵に再会する。
第7話帰蝶の願い15.0%光秀、尾張に嫁ぎたくないという帰蝶と、嫁がせたい道三との間で板挟みになる。
第8話同盟のゆくえ13.7%光秀、帰蝶に尾張行きを助言し、斎藤道三と織田信秀の同名に一役買う。
第9話信長の失敗15.0%光秀、妻木氏の娘、熙子と再会する。帰蝶、信長と出会い父への思いを知る。
第10話ひとりぼっちの若君16.5%光秀、道三に命じられ織田の情勢を探るために帰蝶の元を訪ねる。
第11話将軍の涙14.3%光秀、交渉人として足利義輝に会い、今川と織田の戦を仲裁してもらう
第12話十兵衛の嫁14.6%光秀、熙子を嫁にもらい母と叔父を安心させる。
第13話帰蝶のはかりごと15.7%光秀、道三に土岐頼芸との戦をやめるように願う。その後、聖徳寺に供をする。
第14話聖徳寺の会見15.4%光秀、道三と高政の考え方の対立に意見を求められ、高政に同調する。
第15話道三、わが父に非ず14.9%光秀、美濃の守護代となった高政と隠居した道三の争いに巻き込まれる。
第16話大きな国16.2%光秀、高政と道三との戦で、道三側につくことを決める。
第17話長良川の対決14.9%光秀、叔父の光安に頼まれ左馬助と共に明智の荘を捨て落ち延びる。道三死去。
第18話越前へ15.1%光秀、駒、菊丸、伊呂波太夫に助けられ、越前の朝倉義景の元へ逃げ延びる。
第19話信長を暗殺せよ15.7%光秀、朝倉義景の代理で、将軍足利義輝に会うために上洛する。
第20話元康への手紙15.3%光秀、朝倉家へ仕官しようと鉄砲の腕を見せる。一方で、帰蝶へある助言をする。
第21話決戦!桶狭間16.3%光秀、今川義元を倒した桶狭間の戦い後の信長に水を差しだし、勝利を褒める。
第22話京よりの使者14.6%光秀、足利義輝に呼ばれて京へ上り、織田信長を呼んでくると約束する。
第23話義輝、夏の終わりに13.4%光秀、織田信長の説得に失敗。義輝を助けられず失意のまま越前に戻る。
第24話将軍の器13.1%光秀、足利義輝の暗殺後、弟の覚慶に将軍の器があるかどうか確かめる。
第25話羽運ぶ蟻(あり)12.9%光秀、足利義昭と共に上洛するように織田信長と朝倉義景の両方に薦める。
第26話三淵の奸計(かんけい)13.0%光秀、朝倉義景ではなく織田信長と共に上洛するように足利義輝に進言する。
第27話宗久の約束13.0%光秀、今井宗久と話をつけ足利義昭を鎧兜を付けずに京に入れるようにする。
第28話新しき幕府12.5%光秀、将軍奉公衆となり、足利義昭の側近として仕え幕府内の汚職に気づく。
第29話摂津晴門の計略13.2%光秀、汚職にまみれた幕府内の実情を知る。摂津晴門と対立。
第30話朝倉義景を討て11.9%光秀、足利義昭の側近という立場で、織田信長と朝倉義景の争いに巻き込まれる。
第31話逃げよ信長13.8%光秀、浅井長政の裏切りに気づき織田信長に逃げるよう進言する。1570年
第32話反撃の二百挺(ちょう)13.3%光秀、信長から鉄砲250丁を手配しろ命令され、筒井順慶から200丁購入する。
第33話比叡山に棲む魔物13.1%光秀、比叡山の主、覚恕の業の深さを知り、織田信長の焼き討ちの命に従う。
第34話焼き討ちの代償13.6%光秀、比叡山の武功で信長から領地をもらう。松永久秀と筒井順慶の戦いを休戦に持ち込む。
第35話義昭、まよいの中で12.7%光秀、摂津晴門に暗殺されかけるも、義昭に直訴し、逆に摂津たちを足利幕府から追放する。
第36話訣別12.3%光秀、建築中の坂本城を妻熙子に見せる。足利義昭と決別することを決心する。
第37話信長公と蘭奢待12.2%光秀、信長の家臣となり側近として活躍するも、義昭を都から追い払った信長の変化が気になる。
第38話丹波攻略命令11.5%光秀、斎藤利三を家臣にする。織田信長からは丹波を攻略するように命じられる。
第39話本願寺を叩け11.4%光秀、大阪本願寺との戦でケガをして重傷となる。妻の熙子が夫の看病後に体調を崩し亡くなる。
第40話松永久秀の平蜘蛛光秀、織田信長を裏切った松永久秀から平蜘蛛を託される。帰蝶に久しぶりに会う。
第41話
第42話
第43話
第44話最終回

海外ドラマboard

「NHK」をもっと詳しく

「NHK」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ