「軟乳に変わっている」 原幹恵、さらなる進化を遂げた豊満バストに絶賛の声

1月11日(水)17時0分 メンズサイゾー

 10年以上にわたってグラビア界で活躍する原幹恵(29)。彼女の最新イメージDVD&ブルーレイ『好き...。』(ラインコミュニケーションズ)が、今月20日発売となる。すでにサンプル動画が公開されており、多くのファンから絶賛の声が上がっている。


 37本目となる作品の舞台は沖縄で、密着アングルを駆使した臨場感あふれる内容。華やかなビキニやハイレグタイプの水着を身につけた原が抜群のスタイルを披露する"イメージDVDの王道"的な仕上がりとなっているようだ。


 スケスケのランジェリーシーンや、ベッドサイドのライトが淡く灯るシチュエーションなどでは大人の色気を発揮。しなやかでメリハリのあるボディをクネらせながら誘惑してくる原には、ファンならずとも思わずドキリとしてしまうことだろう。


 ビキニで元気に駆け回ったかと思えば、花魁風の着物で妖艶な顔を見せる。洗練されたボディだけでなく、さまざまな表情も見どころになっているようだ。これにネット上のファンからは、「さすがベテラン!」「かなり充実してそう」「スタイルも色気も別格!」といった期待の声が続出中だ。


 また一部では、新たな魅力を指摘するファンも。これまでの原といえば、張りのあるボリューミーな胸で注目を集めることも多かったが、そのバストが「軟乳に変わっている」というのだ。確かにサンプル映像の原のバストはいかにも柔らかそうな印象。引き締まったウェストやスレンダーな美脚も見応え十分だが、それ以上に揺れ動くバストが目に飛び込んでくる。


 その変化は本人も感じているようで、昨年末の雑誌インタビューでは「昔はもっとパーンと張っている感じだったけど、今は柔らかくなった」とコメント。バストサイズは変わらないものの、自分で胸を触ると弾けるような感覚がなくなっているのがわかるそうだ。本人はかつてのスタイルを取り戻すために、ここ数年ジムに通っているという。


 だが、『好き...。』のサンプルを目にした人は、今の原のバストに女性らしい柔らかさを感じている様子。最近はG乳グラドル・和地つかさ(23)なども「超軟乳」と言われ人気だが、原の変化は男性ファンにとって嬉しいものになっているようだ。


 今年7月に30歳となる原は、昨年暮れのイベントで2017年の抱負を聞かれ、「下着ブランドを立ち上げたい」と意気込んでいた。しかし最新作に対して多くのファンがアツい視線を送っているように、グラビア人気はまだまだ根強い。最近のグラビア界には30代に入ってからも元気なグラドルが多いが、原にも38本、39本と作品を積み重ねてほしいところだ。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

原幹恵をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ