BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「洋服に月100万」の渡辺直美、近藤春菜の家賃200万? 女芸人のすさまじい稼ぎっぷり

messy1月11日(月)15時0分
画像: 渡辺直美Instagramより
写真を拡大
渡辺直美Instagramより

 テレビ業界は斜陽だが、テレビタレントの稼ぎは相変わらず一般人とは比べ物にならない。特に芸人はテレビ出演で有名になれば、地方営業で稼ぎ続けていくことが出来、たとえ一発屋と揶揄されようとも安定した収入を得られるという。また、昨年ブレイクしたとにかく明るい安村は、昨年1月の月収4万円から、5月には50万円台に跳ね上がり、現在は月100万はくだらないというほどだ。その稼ぎぶりに男女の別はないようで、中堅以上の売れっ子女性芸人たちは安村の比ではない収入を得ている。

 たとえば1月5日に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、渡辺直美(28)は、「2日に1回、通販で7〜8万円分の洋服を買う」「洋服にかけるお金は月に100万円程度」と明かし、視聴者を驚かせた。

 渡辺は以前、テレビ出演時に自宅マンションの家賃が53万円で、1泊20万円のホテルに泊まるのが趣味だと話していたこともある。一方、浪費癖があり貯金ができないとぼやいていたこともあるが、それでも変わらず乱費し続けられるということは、よっぽどの収入があるのだろう。彼女はアパレルブランド「PUNYUS」のプロデュースもしており、本業以外の収入もあるのが強みともいえる。

 さらに7日の『ナカイの窓』(前同)ではお笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜(32)の特集企画「春菜を知る人SP」が放送され、近藤と付き合いのある業界関係者や芸能人が出演。その際、近藤の自宅が豪華だという話題になり、近藤宅を訪れた友人からは「超高級住宅地」「エントランスに庭がある」との証言も。近藤は中居にのみ自宅の賃料を耳打ち。中居が「これは言えない! その金額なら広さは100平米以上あるでしょ?」などと驚くほどのお値段であった。ちなみに都内にある100平米以上のマンションの家賃は安くても30万円以上というところが多いが、一等地のハイグレードマンションになれば200万以上の物件も。近藤自身「正直ちょっと無理している」というだけに、少なくとも100万クラス以上の物件かもしれない。そうした物件の場合、基本的にリビングの広さは30畳を超す。



 毎日のようにテレビで見かける売れっ子の近藤は、2012年上半期で「番組出演本数」ランキング首位に輝いてからというもの、2015年上半期まで安定して上位に食い込んでおり、年収1億超えも固いクラスのタレントだといわれている。近藤クラスならば、それだけ高いマンションに住んでいても違和感は少ない。また、同番組では、おしゃれな近藤が今一番好きなブランドはCHANELであること、収録日の私服バッグが3.1Philip Limであること、そしてイメージとは違いかなり男性からモテて「フッている」ことなども明かされた。

 さて、かつて「女王様キャラ」でブレイクし、このところはすっかりテレビで観る機会も減ったにしおかすみこ(41)も、「消えた」との声が出ていた時期ですら月収は100〜150万円だと明かしたことがあった。現在も『なないろ日和!』(テレビ東京系)のリポーターなどを務めているため、生活に困らない程度の収入はあるだろう。

 ちなみに、にしおかは「渡辺プロダクション」所属だが、渡辺と近藤は「吉本興業」所属である。吉本といえば、所属タレントであるFUJIWARAの藤本敏史(45)や、品川庄司の庄司智春(40)が妻との収入格差をたびたびネタにするほど、“事務所の取り分”が多く、芸人の給与はなかなか上がらないらしい。藤本は、妻でタレントの木下優樹菜(28)のほうが高収入であることを「(木下と同じぐらい稼ぐには)ルミネの劇場に800回ぐらい出なあかん」と明かしている。だが、渡辺や近藤の私生活エピソードを見るかぎりではそうとは思えない。あるいは、芸人の「稼いでいる」基準は一般社会とは桁が違うのだろうか。いずれにせよ、芸人という職業は一般人からすれば夢のあるものに間違いない。

(シュガー乙子)

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

はてなブックマークに保存

この記事のトピックス

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
女芸人のまとめ写真 渡辺直美のまとめ写真 近藤春菜のまとめ写真

「女芸人」をもっと詳しく

注目ニュース
TOKIOの2人、バク転成功 「40代で出来んのは素直に尊敬」 J-CASTニュース9月25日(月)19時44分
かつて「ジャニーズ」といえば、「バク転」のイメージが強くあった。少年隊や光GENJI、V6などメンバー全員ができるグループある一方、最近で…[ 記事全文 ]
小泉今日子の10月ドラマ予告動画が「あの爆死ドラマに激似」の不穏! アサ芸プラス9月25日(月)9時59分
10月17日スタートの新ドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)。主演は小泉今日子で脚本は宮藤官九郎。[ 記事全文 ]
香取慎吾、今後は「芸術活動」が主軸?高く評価される実力とは! アサ芸プラス9月25日(月)9時58分
晴れて、新たに所属事務所が決まった香取慎吾。SMAPのCDデビュー日(91年9月9日)の前日に、およそ30年も所属したジャニーズ事務所を退…[ 記事全文 ]
山下智久『コード・ブルー』映画化にジャニーズ事務所が簡単にOKを出さなかった理由 週刊女性PRIME9月26日(火)4時0分
「今作で3シリーズ目ですので、気心の知れた仲同士。山下さんや新垣さん、戸田さんは2次会のカラオケ店で朝の5時まで大盛り上がりでした」(会の…[ 記事全文 ]
でんぱ組卒業の最上もが、久々の姿にファン喜び 日刊スポーツ9月25日(月)17時6分
アイドルグループでんぱ組.incを卒業した最上もが(年齢非公表)が久しぶりにメディアに姿を現した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア