鈴木奈々、2回繰り返す発言は計算だった「テレビ用」「尺が伸びる」

1月11日(木)11時18分 マイナビニュース

タレントの鈴木奈々(29)が、5日にAbemaTVで配信された番組『必殺!バカリズム地獄』(21:00〜22:00)で、番組出演時などに発言を2回繰り返すのは意図的だったと告白した。これまで、そんな鈴木に共演者がツッコミを入れて笑いにつながるのは、バラエティ登場時の定番となっていた。

鈴木奈々

お笑い芸人・バカリズム(42)がメインMCを務める同番組。そのオープニングトークで、バカリズムは鈴木の楽屋あいさつについてクレームをつけ、「こっちがまだスイッチ入ってない時にこのテンションで来られるからちょっと胃がびっくりする」と指摘して笑いを誘う。

鈴木は、「すみません! わたし、いつもこんな感じなんで」と謝り、「元気! 元気! 元気! やっぱり元気いっぱいでいきたいので。もう家でもこんな感じです」とアピール。これをバカリズムが「ほんとに? いや、絶対ウラありますよね」と怪しむと、「ないないないない! 本当に!」と必死に訴えた。

それでもバカリズムが「いえ、絶対にこういう人に限って」と食い下がると、鈴木は「家でもこんな感じです。家でもこんな感じです」と返した後、「でも、同じことを繰り返すのはやんないですよ。家では」と突然の自白。バカリズムを「あれはテレビ用なんだ!」と驚かせ、ゲストの野呂佳代(34)も「そういうの考えてやってたんだ! ショック!」と声を上げた。

「同じことを2回繰り返すことによって私の尺が伸びるんですよ。だから、テレビ用ですよ」と真相を明かした鈴木。バカリズムは笑いながら、「あのギャグの名前は『同じことを繰り返す』なんだね」と解釈していた。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

鈴木奈々をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ