大河ドラマ『西郷どん』、「TV番組関連本」ジャンルの1・2位を独占

1月11日(木)14時17分 マイナビニュース

『NHK大河ドラマ・ガイド 西郷どん 前編』

1月15日付オリコン週間"本"ランキング(集計期間:1月1日〜7日)のBOOK(総合)部門で『NHK大河ドラマ・ガイド 西郷どん 前編』(NHK出版 17年12月25日発売)が週間売上2万部を記録し、先週1月8日付の初登場16位から4位に急上昇、初のTOP10入りを果たした。

また、ジャンル別「TV番組関連本」においては、NHK大河ドラマ『西郷どん』の関連書籍が1、2位を独占。『NHK大河ドラマ・ガイド 西郷どん 前編』が1位、『2018年 NHK大河ドラマ「西郷どん」完全読本』(産経新聞出版)が2位だった。林真理子氏の原作小説『西郷どん!』上・中・下巻の売上も急伸しており、先述の2作に加え、こちらもTOP100位内にランクインしている。

俳優・鈴木亮平が主演を務める『西郷どん』は幕末に活躍した西郷隆盛の生涯を描いた作品で、原作は林真理子氏、脚本は中園ミホ氏が手掛ける。今月7日に放送された第1話の平均視聴率は15.4%で大河ドラマの歴代ワースト2位だったものの、BSプレミアムの視聴率は4.9%を記録。『真田丸』、『おんな城主 直虎』を上回る好スタートとなった(いずれも関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

大河ドラマをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ