中川大志&小松菜奈、甘酸っぱい密着ショット解禁<Hey! Say! JUMP知念侑李主演「坂道のアポロン」>

1月11日(木)7時0分 モデルプレス

小松菜奈、中川大志(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会(C)2008 小玉ユキ/小学館

写真を拡大

中川大志小松菜奈/モデルプレス=1月11日】Hey! Say! JUMPの知念侑李が単独初主演をつとめ、俳優の中川大志、女優の小松菜奈が出演する映画「坂道のアポロン」(3月10日公開)の場面写真が解禁された。

◆映画「坂道のアポロン」とは

原作は、人気漫画家・小玉ユキ氏により「月刊flowers」(小学館)にて連載された伝説的コミック。アニメ化でもその音楽シーンの完成度の高さなどで話題を呼んだ、人気漫画を映画化する。

主人公・西見薫を演じるのは知念。川渕千太郎役に中川、迎律子役に小松を迎え、青春映画の名手として知られる三木孝浩監督(『ホットロード』 『ぼくは明日、昨日の君とデートする』)がメガホンを取った。共演には、ディーン・フジオカ真野恵里菜、中村梅雀、山下容莉枝、ジャニーズJr./SixTONESの松村北斗、野間口徹ら、実力派キャストが集結。友情に、恋に、かけがえのない青春の日々に、胸躍るセッションが交錯する10年間を描いている。

舞台は長崎県・佐世保。高校生の薫は、転校先の高校で、誰もが恐れる不良・千太郎と運命的な出会いを果たす。荒々しい千太郎に不思議と薫は惹かれていき、やがて音楽で絆を深めていく。ピアノとドラムでセッションし、二人を見守る千太郎の幼なじみの律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず、ある事件を境に、千太郎は二人の前から姿を消してしまう。

◆甘酸っぱさを感じさせる律子(小松菜奈)&千太郎(中川大志)

この度、解禁となった場面写真は、制服姿がまぶしい千太郎と律子、彼らが兄のように慕う桂木淳一(ディーン)、千太郎が一目惚れする美女・深堀百合香(真野)、そして律子の父・勉(中村)。律子の密かな片思いが甘酸っぱさを感じさせる千太郎とのツーショットや、躍動感溢れる千太郎のドラム演奏シーン、どこか物憂げな表情でたたずむ淳一の姿など、何物にも代えがたい青春の思い出を感じさせる渾身のカットとなっている。

映画ではオール九州ロケを敢行し、雄大な自然を背景に描かれる温かくも切ない青春模様とセッションシーンの躍動感を化学反応させ、唯一無二の感動作を作り上げた。

◆ストーリー

医師として病院に勤める西見薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……。あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕千太郎と、運命的な出会いを果たす。二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かず——。

(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中川大志をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ