「=LOVE」、指原莉乃のプロデュースぶり明かす メンバーTwitter監視とLINEで“ホウレンソウ”

1月11日(木)14時52分 モデルプレス

=LOVE(C)モデルプレス

写真を拡大

【=LOVE/モデルプレス=1月11日】HKT48指原莉乃がプロデュースを手掛けるアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ/イコラブ)」が11日、都内で行われた発表会に登場。発表会後、取材に応じ、指原のプロデュースぶりを明かした。

◆イコラブ、指原莉乃の監視明かす

この日、指原のプロデュースぶりについて報道陣から様々な質問が飛ぶ中、指原は主にメンバーのビジュアルを維持するため「スイーツを食べすぎないように」などと注意をしていることが明かされた。

指原は普段からメンバーのSNSをチェックをしているといい、メンバーが食べ物の写真などを投稿すると「『 わ、この人また食べてる…」と言っているらしい…」と監視。

今回はうどんの飲食店のアンバサダーに選ばれた同グループだが、食に関するPRをすることになってしまったことに「指原さんにも沢山(うどんを)たべてもらう。インフルエンサーなので指原さんに発信してもらう」とした。

◆リーダーにはホウレンソウをお願いするも…

また、同グループと指原は直接的に話すことはあまりないというが、基本的にはLINEなどでやりとりしているという。

グループのリーダーに山本杏奈が任命された際、山本が指原にLINEしたところ「『ホウレンソウ(報告・連絡・相談)な関係でいましょう。いろんな相談だったり報告の連絡待ってるよ』といわれた」としたが、山本がグループの目指す目標がわからなくて連絡した際には「指原さんはお忙しいので『後日返すね』と言われました(笑)」と保留されているという。

ほか、グループがバラエティ番組に出た際には「『バラエティ番組はこういうことを気をつけたほうがいいよ』と言われた」などとアドバイスを受けたといい、指原のプロデュースぶりが伺えた。

この日は、山本、大谷映美里、大場花菜、音嶋莉沙、佐々木舞香、佐竹のん乃、髙松瞳、瀧脇笙古、野口衣織、諸橋沙夏が出席。

イコラブのメンバーはうどんの飲食店のアンバサダーとなり、4月からはコラボメニューも発売される。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

プロデュースをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ