D・ワシントンが2度目主演男優賞なるか、「フライト」がノミネート。

1月11日(金)2時46分 ナリナリドットコム

1月10日(現地時間)に「第85回アカデミー賞」のノミネーションが発表され、デンゼル・ワシントン主演の「フライト」が主演男優賞と脚本賞にノミネートされた。

デンゼル・ワシントンは、すでにゴールデン・グローブ賞<ドラマ部門・主演男優賞>や、ブロードキャスト映画批評家協会賞、アメリカ映画俳優組合賞のほか、全米各地で15の賞に続々ノミネート。今回のアカデミー賞では、2度目の主演男優賞受賞となるか、注目を集めている状況だ。

また、彼はアフリカ系米国人俳優として、唯一2度オスカーを受賞しており、過去アカデミー賞主演男優賞(1つは受賞)には3度、助演男優賞には2度(1つは受賞)ノミネートされ、今回を含めアフリカ系米国人では過去最多の6回のノミネートの記録を保持している。

本作は「フォレスト・ガンプ/一期一会」(1994年)でアカデミー賞を受賞した名匠ロバート・ゼメキス監督による、「キャスト・アウェイ」(2000年)以来、12年ぶりとなる実写作品。デンゼル・ワシントンの圧倒的な演技力に、全米公開時には絶賛の嵐が巻き起こった。

一方、脚本賞にノミネートされたジョン・ゲイティンズも、すでにアメリカ脚本家組合賞を含めて4賞にノミネートされており、初のアカデミー賞受賞が期待される。

「フライト」は3月1日(金)、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー。

☆「フライト」ストーリー

男は一夜にして、ヒーローになった。フロリダ州オーランド発アトランタ行きの旅客機が原因不明の急降下、ウィトカー機長は草原への緊急着陸に成功し、多くの乗客の命を救う。それは、どんな一流パイロットにも不可能な、まさに奇跡の操縦だった。

マスコミがウィトカーの偉業を称え、彼は一躍、時の人となる。ところが、ある疑惑が浮上する。彼の血液中からアルコールが検出されたのだ。ヒーローは一夜にして地に堕ちた。あの時、機内で何が起きたのか? 様々な人の人生を巻き込みながら語られる、衝撃の事実とは——? 人生の闇にのみ込まれた男が、本当の栄光とは何かを見出すまでの魂の軌跡を描き出す。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ワシントンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ