ケイト・ブランシェット“初めてベッドシーン目撃”は8歳のとき。

1月11日(月)8時18分 ナリナリドットコム

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズなどへの出演で知られるケイト・ブランシェット(46歳)は、8歳の時に初めてベッドシーンを見たそうだ。

ケイトは1976年作「大陸横断超特急」を観に両親に連れて行かれた際に濡れ場を目にしたそうで、W誌のインタビューで次のように語っている。

「初めてセックスシーンを見た時のことを覚えているわ。両親がたしか私が8歳の時にジーン・ワイルダーが出ている『大陸横断超特急』に連れて行ったのよ」
「シーケンスがあったんだけど、彼が暴走列車に乗っているものだったから面白い映画で子供も見られると思っていたのに、その暴走列車に逃亡中の女性が乗っていて、彼が怪我をした時にその女性がキスしたの。それで彼は『ここもここも痛いんだけど』と言いだしたから、私は『これってどうなるの?』って思い始めたわ。そうしたらその女性が彼のシャツのボタンをはずしはじめたの」
「私の横にいた母のお尻がこわばったのを感じて、『おおー、私もそうなりたい』って思ったわ」と明かした。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ロード・オブ・ザ・リングをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ