古田新太が「あまちゃん」裏話、のんを絶賛

1月11日(金)10時58分 ナリナリドットコム

俳優の古田新太(53歳)が、1月11日に放送された朝の情報番組「あさイチ」(NHK総合)に出演。2013年上半期に放送された連続テレビ小説「あまちゃん」の裏話などを語った。

古田は「あまちゃん」で大物プロデューサーの役を演じたが、劇中、手を脇の下に挟むポーズについて、映画「トレインスポッティング」のポスターを真似たという。ところが、あとでとんねるず石橋貴明から「あれは秋元(康)さんの癖を知っていたの?」と聞かれるほど、秋元康の癖に似ていると指摘されたそうだ。

また、主演を務めたのん(能年玲奈)について「キラッキラしてました。クドカンからヒロインはどうなの、という話は聞いていたんですけれども、のんちゃんはキラッキラしていました」と絶賛。

さらに、親交のあった勝地涼が演じた前髪クネオは、古田による演技指導があり、「くねらせるなら、もっとしっかりくねらせるし、前髪いじるならもっとしっかりいじらなきゃいけない!」、腰を振るシーンも「縦だけでいい!横は捨てろ、縦だけで押せ!余計なことするな!」ともはや監督のようだったとのこと。そのおかげもあってか、勝地はNHKに爪痕を残したと、古田に対して感謝の言葉を伝えた。

ナリナリドットコム

「あまちゃん」をもっと詳しく

「あまちゃん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ