注目ワード有働由美子・アナ 嵐・発売 白鵬・嘉風 AKB48・元AKB48 西内まりや・ビンタ 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

SUPER JUNIORファンミーティング大盛況

日刊スポーツ1月11日(月)7時55分
画像:約1年ぶりとなるファンミーティングを行ったSUPER JUNIOR
写真を拡大
約1年ぶりとなるファンミーティングを行ったSUPER JUNIOR

 韓国の人気グループSUPER JUNIORが10日、日本で約1年ぶりとなるファンミーティング「SUPER CAMP」を東京・有明コロシアムで行った。昼公演のオープニングでは、6日発売の新曲「Magic」の日本語バージョンサウンドに乗って客席から登場。暗転する会場にグループカラーの青色ペンライトが星空のようにきらめく中、1人1人がスポットライトに浮かび上がった。歌唱しながらファンとハイタッチや握手を交わしステージに到着すると、一層の大歓声に包まれた。
 昨年、韓国でデビュー10周年を迎えたばかり。その記念曲が「Magic」と「Devil」で、両A面で発売した日本語バージョンを今公演でファンに初披露している。リーダーのイトゥク(32)は「ダンスナンバーの曲です」とノリの良さをアピールした。
 通常のライブとは違い、ファンミならではのゲームも人気だ。最も盛り上がったのは、薄い紙を口移しする企画。キュヒョン(27)からリョウク(28)に渡す際に、イェソン(31)が横から紙をサッと奪った。勢い余って2人の唇が触れると、約8000人から大歓声と笑いがわき起こった。歌唱とダンスに加え、体を張ったお笑いパフォーマンスでも人気を高めている。
 この日までの3日間5公演で計4万人を動員。イトゥクは「16年のスタートを皆さんと一緒にすごせて幸せです」。腰を90度に曲げながら丁寧な感謝の言葉を口にした。【松本久】
 ◆SUPER JUNIOR(スーパージュニア) 05年に韓国でデビュー。「SUPER SHOW」と題した世界ツアーを14年までに6回行い約140万人を動員。特にアジア圏での人気は絶大。日本では11年に本格的な活動を開始した。SUPER JUNIOR−K.R.Yなどユニット活動や個人活動も行っている。現在はシンドン、ドンヘ、ウニョク、シウォン、ソンミンが入隊中。

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

日刊スポーツ
関連ワード

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「SUPER JUNIORファンミーティング大盛況」の関連ニュース

注目ニュース
有働アナが土下座謝罪「NHKあさイチ」で告知ミス 日刊スポーツ11月22日(水)16時29分
NHKの有働由美子アナウンサー(48)が、「あさイチ」での告知に誤りがあったとして土下座で謝罪した。有働アナは22日、同番組の放送終了間際…[ 記事全文 ]
「嵐年賀状」発売で郵便局に問い合わせ殺到、チラシ転売の異常事態 アサジョ11月22日(水)7時15分
今月15日、全国の嵐ファンにとって嬉しいニュースが日本郵便から発表された。嵐のメンバーが印刷されたオリジナルの「嵐年賀状」が、来年のお年玉…[ 記事全文 ]
エース不在のAKB48がテコ入れに「大物アイドル招聘」か まいじつ11月22日(水)17時30分
(C)まいじつ大みそか放送の『第68回NHK紅白歌合戦』に、今年も『AKB48』が出演する。今年で10回目というのだから、もう常連といって…[ 記事全文 ]
横綱はテレ朝・竹内由恵アナ「女子アナだって共演者を狙うわよ!」 アサ芸プラス11月22日(水)17時57分
女子アナ界にも、恋多き肉食系がゴロゴロいる。番組共演やインタビュー、取材で芸能人やスポーツ選手、財界人と知り合う機会も多く、みごとなキラー…[ 記事全文 ]
復帰絶望の西内まりや、実は女性たちからも支持されていなかった? アサジョ11月22日(水)18時15分
所属事務所の関連会社社長にビンタを喰らわせたことで話題の西内まりや。1月期には月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」(フジテレビ系)で主…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア