鶴瓶、NHK女性職員から深夜に「助けて!」

1月11日(木)9時36分 日刊スポーツ

笑福亭鶴瓶

写真を拡大


 落語家の笑福亭鶴瓶(66)が、知り合いのNHK女性職員から深夜に「助けてください!」とSOSの電話を受けたエピソードを語った。
 鶴瓶は10日深夜放送のテレビ東京系「きらきらアフロ」で、「昨日夜、電話掛かって来て。NHKの女の子や。『助けてください!』って。11時半頃」と切り出した。
 鶴瓶が驚いて「何してんねんお前!?」と尋ねたところ、女性はエレベーターで見知らぬ男性に腕をつかまれた恐怖で鶴瓶に電話をしたという。女性が「何してるんですか! 通報しますよ!」と警告し、すでに男性は逃げて行ったらしく被害はなかったそうだが、鶴瓶は特別親しいわけでもない女性からのSOSに「なんで俺に電話やねん! 縁もゆかりもない……いや、ゆかりはあるけど、付き合ってるわけでもないのに」とツッコんで笑いを誘った。
 それでも鶴瓶は女性に「防犯カメラ(の証拠)はあるから、警察呼んだらややこしくなるから、とにかく家に入って、鍵をちゃんとして、次の日に管理人さんに言え」とアドバイスしたという。翌朝にも女性に「大丈夫か?」と連絡し、女性の無事を確認したというが、「なんで俺が先やねん。なんで110番より俺やねん」と首を傾げた。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

NHKをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ