中村アン、オリジナルキャラクターとしてドラマ『きみが心に棲みついた』出演決定

1月11日(木)10時9分 RBB TODAY

中村アン、オリジナルキャラクターとしてドラマ『きみが心に棲みついた』出演決定

写真を拡大

1月16日からスタートのテレビドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS)に中村アンが原作にいないオリジナルキャラクターとして出演することが決定した。

 同作は女性向け漫画雑誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中の天堂きりんによる漫画「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」が原作。自己評価が極めて低く他人の前で挙動不審になってしまうヒロイン・小川今日子(吉岡里帆)が対照的な魅力を持つ2人の男性の間で揺れ動く姿を描く物語だ。

 2人の男性の1人は自信が持てないキョドコを初めて受け入れてくれた大学時代の先輩・星名漣(向井理)。一見爽やかなイケメンに見える星名だが、その裏、今日子に度を超えた冷酷な命令を下すなど加虐的な面を持つキャラクター。そして、もう1人は漫画編集者・吉崎幸次郎(桐谷健太)。吉崎は誰に対しても厳しい言葉を投げかけるが、その裏には優しさ・誠実さがあふれるいい男。

 今回、中村が演じるのは吉崎の大学の後輩で元カノの、売れっ子ラノベ作家・成川映美。付き合っていたのも過去の話だが、同じ出版業界にいることもあり映美はたびたび吉崎の前に現れては思わせぶりな言動をとる。「今日子×吉崎×星名」という三角関係が物語の主流ではあるが、「吉崎×今日子×映美」という三角関係の行方も気になるところだ。

 今回の出演について中村は「私自身も学生時代に好きなまま終わってしまったという失恋の懐かしい経験が役柄と重なり蘇ってきました。(笑)恋愛模様に絡んでいくという役は初めてなのでしっかり表現できるよう頑張ります」とコメントしている。

 テレビドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS)は1月16日22時から放送開始だ。

RBB TODAY

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中村アンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ