森永卓郎氏 AKBの3チームの「毎日公演」システムを絶賛

1月11日(火)10時0分 NEWSポストセブン

 年末年始、テレビでその姿を見ない日はなかったほどの人気を誇るAKB48。しかし、出演番組によって人数は48人より少なかったり、多かったりもするような…。このグループの構造は一体どうなっているのか? 経済アナリストであり、秋葉原をこよなく愛する森永卓郎氏がやさしく解説する。


 * * *

 まず、押さえておきたいのは、彼女たちは基本的に「A」「K」「B」という3つのチームに分かれ、メンバーが16人ずつ所属しているということ。この3チームが活動の基本単位であり、劇場公演はこれらのチーム単位で行なわれている。


 テレビ番組でも「チームAの××です」などとメンバーが自己紹介をしているが、彼女たちにとって、言ってみればこの所属チームが「本籍」とも言える。


 私は、これは非常によく考えられている仕組みだと思う。48人を3つのチームに分けることによって、「毎日公演する」ということを実現しやすくなるし、出演しないメンバーが劇場以外でのプロモーションなどの活動ができる。


 専用劇場は、ステージと客席の距離が非常に近く、コアなファンを獲得し、満足させるために重要なものとなっている。ローテーションするシステムがあることによって、彼女たちはグループの根幹を支える劇場公演を継続しながら、露出を増やしていくことができるのだ。


※SAPIO2011年1月26日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

森永卓郎をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ