退社女子アナの最新トレンドは海外移住 大坪、竹内、龍円他

1月11日(金)7時0分 NEWSポストセブン

 近年、女子アナの退社ラッシュが続いているが、今、退社女子アナ界で最大のトレンドは「海外移住」だ。


 かつて海外組といえば、フランス人実業家と結婚した中村江里子(43)、同じくフランス在住の有名パティシエと結婚した雨宮塔子(42・元TBS)、FIFA(国際サッカー連盟)に勤務する夫と共にスイス、ブラジルと海外を渡り歩く大坪千夏(46・元フジ)ぐらいだった。それが今では大増殖中。


 昨年TBSを退社した竹内香苗(34)は、夫の海外駐在先であるブラジル・サンパウロに移住。ナカミーこと中野美奈子(33・元フジ)も、こちらも夫である医師と共に今年中にシンガポールへ移住予定。それ以外にも、以下のように数えればキリがないほどだ。


●松尾英里子(30・元日テレ)→アメリカへ

●龍円愛梨(35・元テレ朝)→アメリカへ

●石井希和(35・元テレ朝)→シンガポールへ

●海保知里(37・元TBS)→アメリカへ

●宮瀬茉祐子(30・元フジ)→アメリカへ


 女子アナが海外に行くといえば、メジャーリーグに挑戦する夫についていくぐらいだったが、龍円が留学目的で渡米するなど、いまやスキルアップのために海外へ移住する時代なのだ。


※週刊ポスト2013年1月18日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

トレンドをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ