芸能人御用達焼肉店はここ!「小栗会」の会場を実名紹介

1月11日(水)16時0分 NEWSポストセブン

「小栗会」に出席した時の小栗旬(2016年1月)

写真を拡大

 今や芸能人との遭遇率ナンバー1飲食店といえば、焼肉店。昨年の大晦日には、解散したSMAPのメンバーが六本木の高級焼肉店『炭火焼肉An』で打ち上げを開いたことも話題となった。そこで、日々芸能人をウォッチングしている女性セブンが、芸能人御用達の焼肉店を実名で紹介する。


 まずは、東京恵比寿の『虎の穴』恵比寿店。


「極上の肉はもちろん、スタッフが店内を歩き回って、焼き加減を細かく見てくれるお店で、毎晩のように芸能人やスポーツ選手が訪れます。藤原紀香(45才)やジャイアンツの高橋由伸監督(41才)がお気に入りで、石田純一(62才)が20代美女との“路上寝”を撮られた時、直前まで訪れていたのがこの店でした」(芸能レポーター)


 Perfumeの“あーちゃん”こと西脇彩香(27才)とお笑いコンビ・サバンナの高橋茂雄(40才)のアツアツぶりを女性セブンが目撃したのは、常連客の紹介でないと入れない、メニューはおまかせのみの『勝又』(東京・恵比寿)。透明のクリスタル鉄板が目を引く。


「Perfumeの他のメンバーとその家族もいて、小さなパーティーを開いており、遅れてきたのが高橋クン。サクッと食べて、次の仕事のために、先に退店しました。焼肉ならではのお気軽デートですよね」(居合わせた客)


 まだ早稲田大学在学中だった“ハンカチ王子”斎藤佑樹投手(28才)と“肉食女子”深田恭子(34才)がデートしていたのは『よろにく』(東京・南青山)。ビールで乾杯した後、深キョンが佑ちゃんのためにせっせとカルビやザブトン、ミスジなどの肉を焼いてあげ、ふと気づけば、深キョンが佑ちゃんの手を両手で握りしめていて…。


 NHK大河ドラマ『天地人』(2009年)の打ち上げが行われたのは、世田谷区代沢にある『韓てら』。ここは厳選和牛に自信を持っており、あの仲良し若手俳優グループの御用達として、業界では有名だ。


「小栗旬(34才)を中心に、嵐の松本潤(33才)、生田斗真(32才)、岡田将生(27才)など“小栗会”のメンバーが集まります。他にも奥田瑛二(66才)一家、江口洋介(49才)・森高千里(47才)夫妻、唐沢寿明(53才)、高島彩(37才)ら大勢の芸能人が御用達にしていて、政治家でも、元首相で現財務大臣の麻生太郎氏(76才)がよく訪れます」(前出・芸能レポーター)


『芝浦』の三宿店は、股関節まわりの旨みあふれる赤身の“メガネ”が定番人気。コスパがいいとあって若い芸能人のデートに使い勝手がいいようだ。松潤と井上真央(30才)と生田が深夜に食事をしていたのはこのお店。三浦翔平(28才)と本田翼(24才)のデートもここだった。


※女性セブン2017年1月26日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

焼肉をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ