JYJジェジュン、軍での東方神起ユンホとの共演は嬉しかった

1月11日(水)16時0分 NEWSポストセブン

除隊翌日のサイン会に登場したジェジュン

写真を拡大

 会場外が氷点下であることを忘れるほど、熱気に満ちた4時間だった。昨年12月30日、2年間の兵役を終えたJYJのジェジュン(30才)は、翌31日、ソウル市内のショッピングモールで限定200人のサイン会を開いた。


 会場に詰めかけたのは、抽選に漏れながらもジェジュンを一目見ようと世界から集まった2000人のファン。19時過ぎ、全身黒のコーディネートで固めたジェジュンが登場すると、モール全体から悲鳴のような歓声が上がる。


「皆さん、ぼくの声ちゃんと聞こえますか? 今日はこんなに多国籍の人に来てもらって、本当にありがとう!」


 健康的なスレンダーボディーに絞り込み、透き通る声と子供のような笑顔は相変わらず。


 最初はファンから寄せられた質問に答えるトークコーナー。訓練中にチョコバーを食べすぎて一時は19kgも太ったこと、同期入隊組の多くは10才近く年下で、彼らのぞんざいな若者言葉を注意しているうちに、自分まで若者言葉を使うようになってしまったことなど、秀逸な兵役エピソードが披露された。サイン会が始まると1人1人に目を合わせ、どんな質問にも笑顔で答えるジェジュン。


「かぶりものをしてもらったり、パペット人形でじゃれ合ったりと、ファンからのあらゆるリクエストに応じていました。嬉しさのあまり泣いてしまうファンもたくさんいました」(参加者)


 そんな中、1人の韓国人ファンがこう話す。


「私、どうしても『鶏龍(ケリヨン)の奇跡』についてジェジュンに聞きたくて参加したんです。あの日の出来事をジェジュンがどう受け止めているのか、知りたかったから…」


 2015年10月2日、韓国南部の鶏龍市で、軍主催のイベントが開かれた。現在も入隊中の東方神起のユンホ(30才)とジェジュンが同じステージに立つという事態に、ファンは大騒ぎ。元東方神起のジェジュン、ジュンス(30才)、ユチョン(30才)が2010年4月にJYJとして独立して以降、東方神起とJYJの共演は一度もなく、この日は「鶏龍の奇跡」として語り草となっていた。


 前出の韓国人ファンは、ジェジュンを前に、単刀直入にこう聞いたという。


「鶏龍でユンホと再会した時、どんな気持ちでしたか?」


 果たして、彼の答えは…。


「“嬉しかったよ!”って、目を見て答えてくれました。やっぱり、2人の絆は変わってなかったんだなって。感極まってしまい、その後のやりとりが記憶にないくらいです。本当に参加できてよかった」(前出・韓国人ファン)


 ジェジュンがユンホとの再会について触れたのは、この日が初めてのことだった。


「鶏龍の奇跡」について質問したファンは他にもおり、ネット上には「嬉しかった」という彼の答えが紹介されるや瞬く間に拡散。ファンは大興奮に包まれている。2月からは除隊後初の日本ツアーに挑むジェジュン。ステージ上でどんな兵役エピソードを聞かせてくれるのか。


※女性セブン2017年1月26日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ジェジュンをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ