ジェニファー・アニストン、“アンジェリーナ・ジョリーとの確執”報道を「くだらないわ…」。

1月11日(日)18時25分 Techinsight

ジェニファー・アニストン、アンジーと一緒に報道されることにゲンナリ。

写真を拡大


2000年に俳優ブラッド・ピット(51)と結婚したものの、ブラッドと映画『Mr.&Mrs. スミス』で共演した女優アンジェリーナ・ジョリー(39)に略奪愛されて離婚に至ったジェニファー・アニストン(45)。そのせいで今もなお“略奪愛・怨恨・三角関係”報道が絶えないが、ジェニファーは「本当にくだらない!」と語っている。

このほど『ニューヨーク・タイムズ』紙の取材を受けたジェニファー・アニストンは、アンジェリーナ・ジョリーとの“恨み合い”を長年報じ続けるタブロイド紙につき怒りをあらわにした。

「ホント、バカバカしいったらないわ。この2つの名前(※ジェニファー&アンジェリーナ)が同じ文章に登場すること自体がね。それに2人を比較するような報道も愚かよ。」

ちなみにジェニファーとブラッド・ピットの離婚が成立したのは、2005年。つまり、それ以来10年間も“ジェニファーvsアンジェリーナ”報道が続いていることになる。しかしブラッドはすでにアンジェリーナと結婚済みで、ジェニファーには俳優ジャスティン・セロー(43)という婚約者がいるのだ。

そんな中、アンジェリーナは監督作品『Unbroken(原題)』を高く評価され、一方でジェニファーも主演映画『Cake(原題)』での演技を「素晴らしい!」と絶賛された。映画授賞式シーズンが始まるこのタイミングで名前の挙がったこの2人、やはり何らかの縁があるということか。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

報道をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ