「人と比べてしまい劣等感」神聖かまってちゃんと考える処世術

1月11日(土)17時0分 TOKYO FM+

神聖かまってちゃんが、1月8日(水)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。この日のテーマ『自分の中の弱い自分』について、パーソナリティのとーやま校長とともにリスナーの相談に乗りました。そのなかから、17歳女子リスナーとのやり取りを紹介します。


番組最後のメッセージは、『君が病めるのは才能だ』


とーやま校長:本日の授業テーマはこちら!『自分の中の弱い自分』。
みんなの中には、“弱い自分”が大きく存在しているというヤツもいれば、なるべく見ないようにしているヤツもいるかもしれない。の子先生はどうですか?

の子(Vo,G):僕は“アルティメット弱さ”ですね。“弱さ”で出来たの子さん……弱さだけで出来ているようなものですよ。

みさこ(Dr):だいたいね。

の子:だいたい弱さで出来ていますね。あと、水分。

ちばぎん(B,Cho):7割は水分(笑)。

の子:アルティメットウォーターの子さんです。

とーやま校長:アルティメットウォーター……宗教っぽいんですけど(笑)。

の子:僕は、その弱さを逆に武器にしています。(このテーマは)任せろ!

——今回、電話をかけたリスナーの“弱い自分”とは
『小さい頃から自分と人を比べてしまいます。頭の良い弟や、スポーツで好成績を残す妹にも、劣等感を感じています。うまくいかないときには、物に当たったり、自分を傷つけてしまうこともあります』

とーやま校長:の子先生、いかがですか?

の子:わかる。の子先生の家は、ふすまがボコボコなんだよ。

みさこ:そうなんですよ。ボコボコのビリビリで。

ちばぎん:穴も開いてるし。

の子:高校時代……16歳くらいから、僕も物に当たったり自分に当たったり……まぁリストカットをしたりとか、それをずっと繰り返して。でもそれって僕にとっては……成長してから改めて考えたのは、自分にとってのはけ口みたいな。解消法というか。だから、そういう自分は嫌かもしれないけど……1回止めてみるのもいいんだけど、止めて苦しかったら、そのままでも……物や自分に当たってもいいと思うんだよ。でも、他人に迷惑をかけるとか……あるよな?

リスナー:そうですね。

の子:俺は、親から「またふすまに穴が開いてる!」、「また血まみれじゃないか!」とか……。

みさこ:家の刃物を全部隠されたんだよね。

とーやま校長:またやっちゃうから?

の子:そう。全部、没収されたんです。だから、それで限界がきて自分を追い詰めて、自殺とか死んじゃうところまでいってしまう人もいるわけで……。

ちばぎん:うん。

の子:俺はだからそれは……処世術として、必要な人は必要なんじゃないかと。

ちばぎん:いくところまでいっちゃう前に、ちょっとのはけ口として当たっちゃうくらいいいんじゃない? という話かな。

の子:そう。

みさこ:あのね……これは、弱い自分を持っている人共通だと思うんだけど、弱い自分をちょっとかわいがってあげるのって、けっこう大事で。

とーやま校長:はい。

みさこ:人と比べることが、全部悪いわけじゃない。「悔しい!」と思って生まれるエネルギーもあるし、「悔しい!」と思えるほど自分の理想が高い人がそう思うわけだから。その理想を追い求めて「悔しい!」って思える自分を、1回かわいがってあげるのが大事かな、と思う。あと、物とか自分を傷つけてしまいそうになったときの、“代わり”を見つけてみるとか。

リスナー:はい。

みさこ:「今はめっちゃ甘い物を食べていい!」とか、「今は散財してもいい!」とか……それも限度があると思うんだけど(笑)。代わりの何かをどんどん見つけていってもいいのかな、って思いました。

とーやま校長:の子先生とみさこ先生が言葉を届けてくれたけど、どんなことを思った?

リスナー:言葉にするのがすごく苦手なんですけど……。

の子:全然いいよ。

リスナー:代わりのものっていうのは、すごくいいなと思いました。

とーやま校長:はけ口になる代わりのものを見つける、ってやつね。

リスナー:はい。

とーやま校長:今回の話は初めてしてくれたの?

リスナー:そうですね。

とーやま校長:いま、びっくりするほど優しい言葉ばっかりだったでしょ?

リスナー:はい。

とーやま校長:だから、俺はこの時間があって良かったと思う。

みさこ:うん、まず話してくれてありがとう。

とーやま校長:そうですね。

みさこ:同じ思いをしている人が、たくさんいると思うから。

の子:そう。これは、僕もそうだよ。僕もいま……34歳だけど、僕もそうだよ。

リスナー:はい。

とーやま校長:だから、ここでかまってちゃん先生に話せたことに対しては、劣等感とか一切なく、胸を張ってほしいって思う。この時間だけでもね。

の子:うん。

とーやま校長:あとは、さっきいただいた言葉とか、かまってちゃん先生の音楽を聴いて、自分なりに生まれたものとうまく付き合って行ってほしいって思う。

かまってちゃん:うん!

ちばぎん:でも、高校生なら劣等感とか持つと思うよ。

とーやま校長:全然ありますよ。

の子:それもそうだし、これから大人に……20代、30代、40代になっても変われないところは変われないから、俺もいまもそうだしね。でも俺は死ぬよりはマシかな、って思うよ。だから、そこは自分と向き合って、ちょっとずつ考えていったらいいんじゃないかな。世間は“普通”とか言うかもしれないけど、そんな“普通”なんてないから。そんなもんはいらねぇ。あったとしても、お前には関係ねぇ!

リスナー:はい。

ちばぎん:うん。あと、周りと比べて「自分は何もないな」って思うかもしれないけど、何もない人なんていないからね!

みさこ:実は、周りから羨ましがられているかもしれないし。

ちばぎん:の子さんなんて、音楽を取り除いたら本当にもうどうしようもない人間ですけど……。

全員:(笑)。

ちばぎん:音楽っていうものがあるから、こうしてラジオにも出ているんだし。

mono(Key):まぁね、そうだね。

ちばぎん:人と比べて、いまは何も見つけられていなくても、絶対何かは持っているし。今後絶対見つかるはずだから! そこを焦って自分を責めてはいけないかな、とは思うかな。

mono:こうやって連絡をくれた時点で、弱いとは思わないけどね。勇気を出して言ってくれたし、弱いとは思わないよね。

とーやま校長:うん。じゃあ、話をしてくれてありがとう。

の子:ありがとう。お互い頑張っていこう。

リスナー:はい。



神聖かまってちゃんは、1月8日(水)に10thアルバム『児童カルテ』をリリース。またちばぎんさんは、1月13日(月・祝)に開催される「メランコリー×メランコリー」ツアー・Zepp DiverCity(TOKYO)公演をもって脱退することが発表されています。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年1月16日(木)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
▶▶80名様に「TOKYO FM」オリジナルグッズをプレゼント! 応募はコチラから◀◀
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

TOKYO FM+

「神聖かまってちゃん」をもっと詳しく

「神聖かまってちゃん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ