アニメ『キリングバイツ』第1話より先行場面カットが到着! さらに、雨宮天さんと羽多野渉さんのコメント&アフレコ集合写真も公開!

1月12日(金)20時30分 アニメイトタイムズ

※大川透さんのご療養前に行われたアフレコで撮影された写真です。

写真を拡大

いよいよ2018年1月12日(金)から放送がスタートするTVアニメ『キリングバイツ』。第1話の先行場面カットとアフレコ集合写真が公開されました!

さらに、雨宮天さんと羽多野渉さんによるキャストコメントも公開! アニメの見どころや、自身のキャラクターについて語られています。

アフレコ集合写真&放送直前キャストコメント公開!
放送を間近に控え、キャスト陣を代表して、宇崎瞳役の雨宮天さんと野本裕也役の羽多野渉さんからのキャストコメントを公開! アフレコ集合写真も公開されています。<雨宮天さんコメント>
——いよいよアニメが放送となります。見どころや注目してほしいシーンを教えてください。

雨宮天さん(以下、雨宮):キリングバイツはやはり戦闘が見所で、キリングバイツならではの獣人の個性を生かした戦闘は一話から是非注目していただきたいです! また、一話はヒトミの格好良いだけじゃない多面的な魅力を知っていただける回だと思いますので、そんなところもしっかり見てください!

——自身のキャラクターについて一言お願い致します。

雨宮:様々な状況下で放つ「牙の鋭い方が勝つ。それが『キリングバイツ』だ。」という毎回の決め台詞があるのですが、それひとつとっても色々な表情をしているので、ヒトミの代わる代わるの表情にはかなり意識を注いで演じました! ヒトミの持つ様々なギャップもとても魅力だと思います!

——放送を間近に控えた視聴者へのメッセージをお願い致します。

雨宮:原作ファンの方もアニメからの方もどちらもとても新鮮に楽しんでいただけると思います。私がとにかく驚いたのは戦闘シーンの迫力!次々と切り替わるカメラワークに、息つく間もなく繰り出される攻撃とそこから溢れ出す獣人の個性に、目が離せませんでした! ストーリーが進むにつれてどんどん個性の魅力的なキャラクターが増えていきますので、お見逃しなく!


<羽多野渉さんコメント>
——いよいよアニメが放送となります。見どころや注目してほしいシーンを教えてください。

羽多野渉さん(以下、羽多野):平凡な大学生の野本が瞳と出会うところから始まります。その出会い方が衝撃的なのでお楽しみに!流されるままとんでもない世界へ足を踏み入れてしまう野本の翻弄されっぷりも是非楽しんで観て頂きたいです。そして、なんといっても迫力のアクションシーンをお見逃しなく!

また、一話はヒトミの格好良いだけじゃない多面的な魅力を知っていただける回だと思いますので、そんなところもしっかり見てください!

——自身のキャラクターについて一言お願い致します。

羽多野:野本というキャラクターは、自然・野生を目の前にして、その冷酷な恐ろしさに対して驚く「ヒト」そのもの。自然界において、ヒトとはいかに脆弱なものか…。腰が抜けるほど驚いたり情けなく悲鳴をあげたりしているのですが、なるべく誇張せず自然体で向き合わせて頂きました。

——放送を間近に控えた視聴者へのメッセージをお願い致します。

羽多野:格闘アクションが好きな方にオススメな『キリングバイツ』ですが、音楽にもかなりこだわっているようです!もうアフレコは全て終わっておりますので、僕も一視聴者として皆さんと一緒にオンエアを楽しもうと思っております。作品の熱さを一緒に体感してください!“牙の鋭い方が勝つ…それが、キリングバイツだ!!”第1話「牙の鋭い方が勝つ」
<放送日時>
MBS:1/12(金)26:40〜TBS:1/12(金)26:40〜
BS-TBS:1/13(金)24:30〜SBS:1/16(火)26:43〜
AT-X:1/17(水)20:00〜
※放送時間は変更になる可能性があります。最新の情報は各局の番組表をご確認下さい

<あらすじ>
平凡な大学生・野本裕也は、とある事件に巻き込まれ、謎の女子高生・ヒトミと出会う。ひと気のない廃棄場で、彼女が獣の姿に変貌し、獅子の怪物と死闘を繰り広げる様を目撃する。彼らの正体は、人間の頭脳と獣の牙を持った獣人。そしてヒトミは、最強の闘争本能を秘めた獣闘士(ブルート)「蜜獾(ラーテル)だった。野本はヒトミと出会ったことで、この獣人たちによる熾烈な戦い「牙闘(キリングバイツ)」に巻き込まれていく——。

<スタッフ>
脚本:朱白あおい
絵コンテ:斗万旦一
演出:斗万旦一/中川淳
総作画監督:渡邊和夫
作画監督:渡邊和夫/田澤潮

アニメイトタイムズ

「アニメ」をもっと詳しく

「アニメ」のニュース

BIGLOBE
トップへ