【独占】アイドルマスター SideM『315! deアイマSHOW!』レポート!第12回ゲスト:Beit ピエール役・堀江瞬さん& S.E.M硲道夫役・伊東健人さん

1月12日(金)18時30分 アニメイトタイムズ

TVアニメ『アイドルマスター SideM』の放送開始を記念したスペシャルイベント『315! deアイマSHOW!』が2017年10月11日より毎週水曜日に3ヶ月連続で開催!TVアニメ『アイドルマスター SideM』の魅力をDRAMATIC STARS天道輝役の仲村宗悟さんと毎回登場するスペシャルゲストがお届けします。

アニメイトタイムズではこのイベントの模様を独占レポート!今回はイベント最終回!Beit ピエール役の堀江瞬さん、S.E.M 硲道夫役の伊東健人さんらが登場した第12回の模様をレポートします。 
3ヶ月にわたって開催された『315! deアイマSHOW!』もこの日でラスト!
10月からスタートした『315! deアイマSHOW!』も今回で最終回を迎えることに。イベントの模様は『生中継でもアイマSHOW!』と題したニコニコ生放送でも配信され、多くのプロデューサーが最後のイベントを見守りました。

ゲストであるBeit ピエール役の堀江瞬さん、S.E.M 硲道夫役の伊東健人さんがステージに登場すると、イベントは第12話『どんな理由も、どんな夢も、、、』の振り返り上映からスタート。プロデューサーや仲間たちへの相談もなく、独断でソロの仕事を決めてしまった桜庭。DRAMATIC STARSとしての仕事と合同ライブに向けたレッスンを完璧に両立していたかのように見えましたが、ついには倒れてしまいます。今回はDRAMATIC STARSが自分たちで問題を解決し一歩踏み出す姿だけでなく、315プロダクションのメンバーの絆が垣間見え、最終回を前によりメンバー同士の結束を高めた回でした。オープニング主題歌である『Reason!!』が流れ出すと「もう皆で一緒に見るのは最後かぁ」としみじみ呟いたのは仲村さん。サビに差し掛かると「みんなで“Yeah!”って言える?」と呼びかけ、堀江さん&伊東さんとともに会場が一体となり大合唱。オープニングから大きな盛り上がりを見せました。今回は独断でソロの仕事を請け負ってしまった桜庭が、DRAMATIC STARSだけでなく315プロダクションのメンバーと心の距離が開いてしまう場面も多々あり、仲村さんは桜庭との心のすれ違いを演じることを「すっごく辛かった」と振り返ります。

また、第11話の収録を終え、第12話の収録台本を貰うまでは「桜庭がどうなるんだろうって不安だった」と思い悩んだことも明かすと、今回の話をきっかけに「DRAMATIC STARSが自分たちで問題を解決したことで1歩前に踏み出せた」とそのきっかけを与えてくれたプロデューサーに尊敬と感謝の気持ちを述べました。お気に入りのシーンについて、仲村さん&伊東さんは『DRAMATIC NONFICTION (BGM Version)』が流れたシーンをチョイス。オンエアを見るまでどんなBGMがかかるか知らなかったという仲村さんは、シーンに合わせて楽曲が流れ出すと「“ここで流れるのはズルい!”って1人で呟いちゃったよ」と胸を打たれことを明かします。

仲村さん、堀江さん、伊東さんはこれまでのTVアニメ『アイドルマスター SideM』を振り返りつつも、「(TVアニメの)第2期があると思っている」と真っ直ぐな眼差しをプロデューサーに向けると、自分たちと同じように続編を希望する声が高まれば、きっと叶うであろうと引き続き応援してほしいとの思いを届けました。


TVアニメ『アイドルマスター SideM』と過ごした時間を振り返る
プロデューサーからの質問やメッセージに回答する『お手紙読みまSHOW』のコーナーでは、“みなさんの心に残っている回は?”という質問に対し、「全部!」と答えたくなってしまうと語った仲村さん。伊東さんは悩みながらも315プロダクションのメンバーで合宿を行った第8話『海・合宿・315の夏!』を上げると、「みんなで一緒に盛り上がっている回が好き」とコメント。堀江さんは第4話『ハッピースマイル』のBeit回が1番心に残っていると答えつつも、Wがメインの第6話『二人が選ぶVictory』を上げると、台本を読んだ際にWの思いや過去を思って涙したことを明かします。“演じているキャラクターや演者に支えられていると思う時はありますか?”という質問では、仲村さんが初回収録の際にJupiter・御手洗翔太役の松岡禎丞さんから演技に関するアドバイスをいただいたというエピソードを披露。事務所の先輩でもないにも関わらず、自分に時間を割いてアドバイスをくれたという松岡さんを始め、収録現場ではメンバーに支えられていたことを明かすと「格好いい先輩に支えられながらもアフレコが進んでいたんだよ」と尊敬の思いを語りました。『満足度!ラマチックスターズ』のコーナーでは、今週も「アイドルマスター SideM 315! STATION AKIHABARA」で提供されているフード&ドリンクを食レポしていきます。仲村さんは『「私の授業に、君も加わるといい。』道夫の導くベリーアイスソーダー」、堀江さんは『S.E.MのS.E.M』、伊東さんは『「花とアイドルって似てるね。」みのりの花芽吹くホワイトウォーター』をそれぞれ試食。☆5段階で食レポしました。 
『315! deアイマSHOW!』のラストは315な笑顔で締めくくり!
出演キャスト陣が「アイドルマスター SideM 315! STATION AKIHABARA」の新作メニューを考案する『315!スイーツ開発』のコーナーでは、第1回&第2回では新商品の考案を、第3回&第7回では試食と批評を行ってきましたが、第11回で遂に完成!今回も完成した「315プロダクションの315!スイーツ」と題されたたっぷりの生クリームを添えたガトーショコラを試食しました。最後に3人から一言ずつコメントが送られるとイベントの幕が閉じました。イベント終了後の撮影では「315」を3人で掲げ、とびっきりの笑顔を見せる仲村さん、堀江さん、伊東さんたちの姿がありました。3ヶ月にわたって開催された『315! deアイマSHOW!』。全12回のレポートはアニメイトタイムズにて掲載しておりますので、ふと懐かしくなった時にでもレポートと写真で『315! deアイマSHOW!』が送ってくれた315なひと時を振り返っていただければ幸いです!※「アイドルマスター SideM 315! STATION AKIHABARA」の営業は1/28(日)までとなります。

[取材・文・撮影/河内香奈子]

アニメイトタイムズ

「アイドル」をもっと詳しく

「アイドル」のニュース

BIGLOBE
トップへ