羽生結弦の練習拠点「クリケットクラブ」は高級スポーツジムだった

1月12日(金)10時14分 アサジョ

 平昌五輪に向け本拠地カナダで猛練習を積んでいるであろう羽生結弦選手。実は羽生選手が所属する「クリケットクラブ」は、アイススケートクラブではないことをご存じだろうか。

「日本の選手がアイススケートのクラブやリンクに所属しているように、羽生選手もクリケットクラブというアイススケートクラブに所属していると思っている人も少なくないですが、このクリケットクラブは富裕層を対象とした会員制の高級スポーツジム。スケートリンクはもちろん、名前の由来となったクリケット競技のコートやプール、スカッシュコートなどなど、スポーツジムとしての役割を持ちつつ、結婚式やパーティーができる会員のためのレストランやバーもあるクラブです。コーチのオーサー氏も著書で書いていますが、スケートとは縁のない会員たちも羽生選手らスケート選手を温かく、アットホームな感覚で応援してくれるといいます。また、多彩なスポーツ設備がある環境を活かして、クラブにいながらにしてさまざまなトレーナーによるメニューが組めるのも特長。羽生選手は普段の練習でも筋トレやスケーティング、ジャンプなど細かくスケジュールを分けて、違うトレーナーやコーチのもとで練習をしていますが、故障を持ちながら練習する環境としては、このスポーツジムの設備が役立っていることは間違いないでしょう」(スポーツライター)

 充実した環境で練習に励む羽生選手。平昌五輪での完全復活に期待したい。

(芝公子)

アサジョ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

羽生結弦をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ