『アナ雪』『シュガー・ラッシュ』の“悪役”が『ローグ・ワン』で“いいヤツ”デビュー!?

1月12日(木)17時0分 シネマカフェ

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 (C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

写真を拡大

希望をつなぐ寄せ集め極秘チームの戦いぶりが、世界中で大ヒットを呼んでいる「スター・ウォーズ」シリーズ最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。本作に登場する“ドS”系愛されドロイドK-2SOには鑑賞者から絶賛の声が相次いでいるが、モーション・キャプチャでK-2SOを演じるアラン・テュディックは、これまでディズニー作品で数々の名だたる悪役を演じていたことが分かった。

本作は、『エピソード4/新たなる希望』の直前までを描く、「スター・ウォーズ」の“もうひとつ”の物語。女性戦士ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)率いる反乱軍のならず者チーム<ローグ・ワン>が、究極破壊兵器“デス・スター”の設計図を盗むミッションに挑む姿が描かれていく。

そのローグ・ワンの一員であるK-2SOを演じているアランは、実はディズニー・アニメーションを影で支え続けてきた“悪役”俳優なのだ。

例えば、空前の大ヒットを記録した『アナと雪の女王』で演じたのはウェーゼルトン公爵。王位を狙った王子ハンスを出し抜き、自分の野望を叶えるためにエルサの暗殺をも企んだ、狡猾な悪役を見事に演じた。また、ゲームの世界を舞台に繰り広げられるファンタジー・アドベンチャー『シュガー・ラッシュ』では劇中最大の悪役キャンディ大王、日本をモデルにした世界観も話題を呼んだ『ベイマックス』では人々を巻き込む大事件の原因をつくったアリスター・クレイを熱演。そして『ズートピア』では、海賊版DVDを売っていたコソ泥イタチのデューク・ウィーゼルトン(ウェーゼルトン公爵をもじった名前)の声も務めた。

そんなアランだが、本作では初めて、(口は悪いが)“超いいヤツ”として人気のK-2SO を演じている。K-2SO は高い戦闘能力を持ち、手足の長い見た目も相まって怖そうに見えるが、実は仲間思い。特に自身を再プログラミングした反乱軍の情報将校キャシアン(ディエゴ・ルナ)とは“親友”であり、強い忠誠心を持っている。常に彼の身を案じる忠実な姿や、次第にジンとも心を通わせていく姿が人気を呼び、一躍人気ドロイドの仲間入りを果たした。

アランは、「K-2SO は少し変わっていて、彼の姿は作品にユーモアを与えてくれるんだ。それでいて人々の心の琴線に触れる深みもある。多くの人に愛されるキャラクターを演じられて嬉しいよ」とコメント。愛されキャラクターのK-2SO を演じたことに喜びをにじませた。

ちなみに、アランの次の作品は、ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』! 主人公モアナと旅に出るニワトリのヘイヘイを演じている。おとぼけなニワトリで、周りから役立たずと思われているが、ユーモアたっぷりで笑わせてくれるキャラクター。アランが本作に続いて見せる、ゆかいな愛されキャラも注目を集めることになりそうだ。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は全国にて公開中。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アナ雪をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ