【ディズニー】アナ雪の季節到来!一夜限りのセレモニーでアナ&エルサがパークに降臨

1月12日(木)20時20分 シネマカフェ

キャッスルプロジェクション「フローズン・フォーエバー」セレモニー

写真を拡大

東京ディズニーランドの冬の恒例となったスペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」の1月13日(金)の本スタートに先がけプレスプレビューを開催。今年は新たに期間限定のキャッスルプロジェクション「フローズン・フォーエバー」が公演され、それを記念した一夜限りの「セレモニー」のためにアナとエルサ、オラフがお城に登場した。

新キャッスルプロジェクション「フローズン・フォーエバー」の開始を記念して、一夜限りのセレモニーが開催。このセレモニーでは、アナとエルサ、オラフがシンデレラ城に現れ、「フローズン・フォーエバー」のスタートを宣言。一般のゲストには告知されていない一夜限りのスペシャルなセレモニーで、たまたまパークに居合わせたゲストは驚いていた。

同セレモニーの終了後に始まった「フローズン・フォーエバー」は、全編を通してディズニー映画『アナと雪の女王』のシーンで構成する、新しいキャッスルプロジェクション。数々の映画の名場面やアナとエルサの幼少期をはじめ、家族との絆をテーマに誰もが一度は耳にした「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」、「生まれてはじめて」、「とびら開けて」などの名曲が続々と流れ、プロジェクションマッピングの最後は、打ち上がるパイロとともに感動的なフィナーレに突入。多くのゲストが、『アナ雪』の世界に見入っていた。

東京ディズニーランドでは、昨年に引き続いて、ディズニー映画『アナと雪の女王』をテーマにした「フローズンファンタジーパレード」をはじめ、アナ、エルサ、オラフたちが、子どもたちと一緒に歌やダンスをするグリーティングショー「アナとエルサのウィンターグリーティング」も、シンデレラ城前のキャッスル・フォアコートで実施する。東京ディズニーランドの「アナとエルサのフローズンファンタジー」は、2017年1月13日(金)〜3月17日(金)の間、開催する。この冬、アナとエルサに会いにパークへ行ってみて!

※上記のメニューやグッズは、デザイン・価格の変更や、品切れとなる場合がございます。

※写真はすべてイメージです。過去の取材時に撮影した画像を再利用することがあります。

(C) Disney

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エルサをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ