『デッドプール2』全米公開日が2週間前倒し 『X‐MEN』スピンオフ2作品は先送りに

1月12日(金)14時37分 クランクイン!

『デッドプール』続編は5月18日全米公開(※『デッドプール』場面写真)(C) AFLO

写真を拡大

 ライアン・レイノルズ主演の『デッドプール2(仮題)』の全米公開日が2018年6月1日から5月18日に前倒しとなった。さらに、『X‐MEN』シリーズのスピンオフ『Gambit(原題)』『New Mutants(原題)』の全米公開日の変更も発表された。VarietyやDeadlineなどの海外メディアが伝えた。 昨年12月に米ディズニーに買収された米20世紀フォックス。マーベルのスーパーヒーロー映画『デッドプール』の続編『デッドプール2(仮題)』は、公開日が早まったことで、米ディズニーの『スター・ウォーズ』シリーズ単独映画『Solo:A Star Wars Story(原題)』より1週間早い公開となる。

 また、チャニング・テイタムが主人公を演じる『Gambit(原題)』は、2019年2月14日から同年6月7日に先送りとなった。同作は監督に決まっていた映画『ローン・レンジャー』のゴア・ヴァービンスキー監督が、「創作上の意見の相違」を理由に降板したばかり。後任の監督は現段階で決まっていない。

 海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズのメイジー・ウィリアムズや、映画『スプリット』のアニヤ・テイラー=ジョイなど、若手俳優が活躍する『New Mutants(原題)』は今年の4月13日から2019年2月22日と10ヵ月ほど先送りになっている。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

デッドプールをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ