おぎやはぎ小木「枕営業得した人いた」metoo運動批判で炎上

1月12日(金)6時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


ハリウッドにおけるセクハラ撲滅運動を取り上げた、1月10日放送の『バイキング』(フジテレビ系)。おぎやはぎ小木博明(46)ら出演者の発言に対し、twitter上で激しい非難の声が巻き起こっている。


昨年10月にハリウッドで表面化したセクハラ問題を契機に、性暴力被害者に連帯する「#metoo」運動は瞬く間に世界中へ広がり、「TIME'S UP」という新たな運動も始まっている。番組ではこうした経緯とともに、1月7日の第75回ゴールデン・グローブ賞授賞式の模様をVTRで紹介。セクハラへの抗議を示すため黒いドレスで出席した女優たちの映像が流された。


VTR終了後、司会の坂上忍(50)がスタジオの出演者に意見を求めるが、松嶋尚美(46)は「あんなオッパイ半分見えてる服とかやめたほうがいい」、森泉(35)は「せっかくなら華やかなドレスを見たかったから残念」と発言。「#metoo」運動の問題意識とはかけ離れたコメントが続く。


さらに、おぎやはぎの小木は「セクハラを訴えた人の中にも枕営業で売れた人がいっぱいいたと思う」と持論を展開。「大スターは枕営業で大スターになった」と主張する小木は、セクハラを告発した女優たちについて「売れたあとにそれ言うのはズルい」と批判的なコメントを繰り返した。


一連の発言に対しtwitter上では非難が殺到。《小木の発言はマジで謝罪レベル》《耳を疑ったわ》《問題の本質とズレてるしこのヒトなに言ってんの??》と、小木の見識を問う声が上がっている。


また、《これが日本のセクハラに対する認識なんだな そりゃ日本でMeToo運動も活発化せず伊藤詩織さんも報道されないわな》と、性暴力への問題意識が高まらない現状を嘆くツイートも。はたして、日本でも「#metoo」運動が大きなムーブメントとなる日は来るのだろうか——。

女性自身

この記事が気に入ったらいいね!しよう

おぎやはぎをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ