『ハイドジキル、私』ヒョンビンの撮影現場公開、最強男が戻ってきた

1月9日(金)12時49分 KEJNEWS

【9日=KEJ金善花】俳優ヒョンビンがSBS水木ドラマ『ハイドジキル、私』を通じて4年ぶりにお茶の間に帰ってくる。劇中、ヒョンビンは様々なものに恵まれているが、365日、1日たりとも楽しんでいな冷徹男ク・ソジンとして韓国女性の心を掴みに行く。

1月8日『ハイドジキル、私』製作陣が公開したスチールカットでヒョンビンは冷たくク・ソジンの姿を見せて完璧に役をものにしている。すっきりと整ったヘアスタイル、ピシっと決まっているグレーのスーツにブラックタイなど全体的にクールでシックな雰囲気を醸しだしている。

一方、別のカットではまったく違う姿を見せて視線を集めた。こちらもスーツ姿ではあるがなんだかびっくりとした、あるいは怯えた様子で座っており、両手で耳をふさぎながら、目も頑なに閉じている。ヒョンビンであることに間違いはないがこの不安そうな姿は一体何があったのか

ヒョンビンが演じるク・ソジンはソウルのランドマークと呼ばれるテーマパーク「ワンダーランド」の常務で、賢さでも外見でも女性を魅了する男。完璧に見えるがお酒も飲まず、恋愛も結婚もせず、ゾンビのように生きている人物。

それからサーカス団の団長チャン・ハナ(ハン・ジミン)に出会ったり、自身の中のまた違った人格と会ったりする予定だ。そして2重人格という役どころをヒョンビンがどのような魅力で演じるのかにも期待が集まる。

関係者によるとヒョンビンは劇中、感情のない冷徹な男を演じるために努力しているとのことだ。話し方や表情などを熱心に研究してスタッフを感嘆させている。ヒョンビンが表現する冷徹男が楽しみである。

なおSBS新ドラマ『ハイドジキル、私』は世界で最も悪い男ジキルと最も優しい男ハイドという全く違う人格をもう1人の男と恋に落ちた1人の女性の不思議な三角関係を描いたラブコメディである。1月21日よりスタートする。(写真提供=HE&M、KPJ)

KEJNEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ヒョンビンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ