増田有華、スケスケのエロい下着!? 初の温泉ロケでAKB48時代の裏話&セクシーキャラ披露!

1月12日(月)18時0分 メンズサイゾー

 11日放送の『旅ずきんちゃん 〜全日本のほほ〜ん女子会〜』(TBS系)にAKB48の元メンバーで、現在女優として活動する増田有華(23)が出演。AKB48時代の裏話を語り、ネット上で話題となっている。


 この日、増田は友近(41)、菊地亜美(24)と共演し、初めてだという温泉ロケに挑戦。番組冒頭から、「急に(温泉ロケ)がOKになったからビックリしている」とアイドル時代との違いを語りながら、「さらけ出していきたいと思います」と意気込みを見せた。しかし、カメラの前で初めて温泉に入った増田は、トークよりもまず男性スタッフの目線が気になったようで、いきなり「どんな気持ちなんですか?」と発言。「"脱いだらこんな感じなんやろ?"とか思ってる」のではないかとスタッフに向かって質問した。


 勝手な妄想を繰り広げる増田に対して、友近は「この人は本当にエロいからな」と言うと、さらに、谷間をアピールしているかのようなタオルの巻き方が「エロい」と指摘。何度も温泉ロケを経験している菊地も、スタッフに対して「そんなこと言う人初めて見た」「普通、谷間は隠すもんだよ」と注意するほど。増田は、「(谷間は)隠してるよ!」と反論していたが、カメラには、しっかりと胸の谷間が映りこんでいた。


 温泉ロケに不慣れなところを見せた増田だが、湯船につかりながらのトークが始まるとAKB48時代の思い出を素直に語り始める。増田は「AKB48はメンバー同士仲が良い?」と質問されると、「最初に土台を作り上げてきたメンバーは、仲が良い悪いの前に、ケンカを経て家族みたい」な関係だと答え、「無言でもいれる。指摘もできる仲の良さ」と振り返った。2012年にAKB48を脱退した経緯のある彼女は、「やめることによって、今まで敵だと思っていた人が味方だと知った」とも発言し、惜しまれながら卒業した大島優子(26)などを見ると、「いいなぁ〜って思ったりもする」と告白。初期メンバーの一員として活動していた増田とすれば、やはりスキャンダルをきっかけにグループを離れたことを後悔しているのかもしれない。


「増田はDA PUMPのISSAとのお泊り報道をきっかけにグループを脱退。当時ISSAは女優の福本幸子と婚約中でもあり、不倫略奪愛かとも話題になりました。そのころのAKB48といえば人気も最高潮で、ファンだけでなく、一般の人々にも大きなインパクトを与えましたね。そして増田は、『突然ですが明日、週刊誌に私の記事が出ます』と報道の前に自身のブログで書き、AKB48を辞退すること発表。あまりにもあっさりと辞めたため、一部メディアからは、『ソロ活動をしたかっただけでは』という指摘もあったほどです。


 しかし、今回の番組では、AKB48時代を懐かしむような発言が多く、やはり彼女もスキャンダルでの脱退は不本意だったのでしょう。もともと増田は歌唱力に定評がありましたし、当時のAKB48を知る南海キャンディーズの山里亮太は、彼女のトークを『すべての話にオチがある。メインMCがいるときは、ひと通り仕切らせて、足りないところを補足し、ツッコミもできるという完璧さがある』と絶賛しています。順調に活動していれば、今のAKB48で重要な役割を担っていたかもしれません」(芸能ライター)


 現在、女優やタレントとして活動している増田だが、23歳という年齢を考えれば、十分アイドルとしてもやっていける。今回の『旅ずきんちゃん』では、菊地から「コテコテの関西人」と指摘されていたが、そうしたキャラクターのアイドルというのも貴重。さらに増田には、友近が指摘したような「エロさ」という個性もある。菊地も番組中に増田の下着について「スケスケのエロいやつ」と暴露しており、彼女のセクシーさは地で行くもののようだ。トークも流暢で、ノリもよく、その上お色気もあるとなれば、女性バラエティタレントとして申し分ない。残念ながら、スキャンダルによって、アイドルという肩書を失ってしまった増田だが、逆に言えば、それはセクシーさをさらに売りにできるということでもある。今後の増田には谷間以上のセクシーシーンが期待できるかもしれない。
(文=峯尾)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

温泉をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ