堀北真希のバラエティ能力がアップ!? 「お約束」で視聴者を魅了

1月12日(火)21時30分 メンズサイゾー

 女優の堀北真希(27)が、11日放送の人気トークバラエティ『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演し、昨年8月に結婚した俳優の山本耕史(39)との新婚生活について語った。


 堀北は黒を基調としたシックなワンピース姿でスタジオに登場。番組レギュラーを務める、くりぃむしちゅーやネプチューンらにさっそく結婚の話題を振られると笑顔で微笑み幸せオーラをにじませた。


 その後のトークでも、堀北の「完璧主義」がテーマになると、おいしいコーヒーの淹れ方を実演したり、掃除の仕方や家具の配置へのこだわりを明かすなど、お惚気を含んだ新妻トークを披露した。


 また、中盤で好きな男性のタイプがテーマになると、堀北は「声の大きい人が苦手」と告白。普段から話し声が大きな人の言葉は「岩石みたいにガーンと当たってくるよう」で、あまり耳に入らないという。そんな堀北に合わせて、スタジオでは低いトーンでトークを展開。その内容は好きな食べ物についてなど他愛のないものだったが、ささやくように話す堀北は多くのファンを虜にした様子。ネット上の視聴者からは、「堀北真希が小動物みたいで可愛さアップしてるんだが」「こんな子とゆっくりおしゃべりしたいわ」「小声が似合いすぎ」などの声が上がり、山本を羨ましく思うファンも多かったようだ。


 さらに堀北はバラエティ的なノリでも多くの視聴者を魅了。声が大きい人がNGという話題の際には、それに該当する司会の上田晋也(45)が、「じゃあ、今からMCを別の人間と交代します」と宣言すると、すかさず「お願いします」と切り返して笑いを誘った。そして、堀内健(46)が突如として一発ギャグを繰り出すと、冷めた表情でノーリアクションを決め込むなど、バラエティの「お約束」を忘れず、番組を大いに盛り上げた。


「これまで出演したバラエティでは、たどたどしいところも見られた堀北さんですが、今回はとてもリラックスして臨めたようですね。『しゃべくり007』は何度も出演しており、レギュラー陣とも顔なじみだということが大きかったのだと思います。まあ、もともとテンションが高い方ではないですし、今回もすごく弾けていたワケではありませんがね。それでも、芸人さんのフリにきちんと対応した姿にはびっくりしたファンも多かったようです。


 昨年の大晦日に放送された『絶対に笑ってはいけない名探偵24時!』(日本テレビ系)でも、13日スタートの主演連続ドラマ『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』(同)で共演する高梨臨さん(27)と共に"刺客"として登場し、視聴者を驚かせました。もちろん番宣には違いありませんが、これまでの堀北さんとすれば少々考えにくいケースでのバラエティ出演で、ファンの間でも話題になりました。


 そうしたファンの中には、堀北さんの清純派イメージとお笑いを結びつけることができず、戸惑っている人もいるみたいです。とはいえ、番組を見る限り本人は楽しんでいると思いますし、多くのファンはそんな彼女を歓迎しています。堀北さん本人とすれば、結婚を機にこれまでのイメージにこだわる必要がなくなったと考えているのかもしれませんね。ナチュラルな態度でバラエティに臨む彼女には、以前よりも落ち着いているように見えますから、番宣に限らない出演も期待したいところです」(芸能ライター)


 2014年に放送されたスペシャルドラマのレギュラー版となる『ヒガンバナ』で、堀北は被害者の感情にシンクロしてしまう特異体質の女性刑事を演じる。毒舌な一面を持つ役柄は堀北のキャリアの中でも異色だが、バラエティで垣間見せつつある新たな一面を女優業でも存分に発揮してほしいところだ。
(文=aiba)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

堀北真希をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ