北川景子&DAIGO、好感度上昇させた幸せオーラ満載の結婚会見!

1月12日(火)18時10分 メンズサイゾー

 有名芸能人たちの結婚ラッシュでわいた2015年だが、今年もその流れは続くのかもしれない。


 11日、女優の北川景子(29)と歌手でタレントのDAIGO(37)が結婚し、ツーショット会見を開いた。ふたりは、1月11日午前11時11分の1並びに婚姻届を提出。北川は白いワンピース姿、DAIGOは黒のスーツを着てマスコミの前に現れ、何度も見つめ合いながら幸せな報告をした。


 初めて交際が報じられたのは14年11月。双方交際を否定せず、昨年8月にはDAIGOが日本テレビ系の大型特番『24時間テレビ 愛は地球を救う』でマラソンに挑戦した後にプロポーズをするのではないかと言われた。


 この日の会見でDAIGOは、「メディアの皆さん、僕の計画を先に発表しないで」とコメント。実際にマラソンのゴール直後に「指輪を渡してプロポーズしました」と明かした。


 北川は、プロポーズの言葉がDAIGOお馴染みに"DAI語"で『KSK』(結婚・して・ください)だったことを告白。普段はこのアルファベットの略語に爆笑する北川だが、このときばかりは緊張して笑えなかったという。


 11年に放送された連続ドラマ『LADY〜最後の犯罪プロファイル〜』(TBS系)の共演で知り合い、13年の1月11日に再会して交際に発展したというふたり。そんな記念日に加えて北川の好きな数字が並んだ日に婚姻届けを提出。ふたりが改めてブログやホームページで結婚を報告すると、ファンから祝福のメッセージが相次いだ。


 また、ニュースサイトがふたりの結婚を伝えると、一般ユーザーたちも素早く反応。「まとめ系サイト」などには会見の様子が細かく掲載され、「まさにお似合い」「これほど好感のもてるカップルも珍しい」「非の打ちどころがない」「素敵すぎる」などと素直なコメントが寄せられた。


「人気芸能人同士の結婚となれば、戸惑いややっかみの声が少なからずあるものですが、DAIGOさんと北川さんに関してはほとんどない。それだけふたりの好感度が高いのだと思いますが、現在北川さんは妊娠しておらず同居も準備中とのことで、きちんと順番を経ている点も評価されているようです。それに記者会見での、いつもはフワッとした雰囲気のあるDAIGOさんの凛々しい姿と、古風な夫婦像を望むしっかり者の北川さんといった、まるでよくできたコントっぽい掛け合いもネット上で好意的に受け入れられた要因ではないかと。


 また、会見では1という数字が大好きだと話し、婚姻届けの提出日を決めたと明かした北川さんに対して、DAIGOさんが『マックスだと11月だと思うんですけど...』とツッコんでいたのも微笑ましかった。今年の11月ではタイミングが遅すぎると言っており、DAIGOさんにすれば、これ以上待つことができないほどベタ惚れってことでしょう。共通の趣味があることやお互いの家族についても楽しそうに語るなど、とにかく幸せオーラ満載で、見ているこっちも祝福するしかないような(笑)本当にいい会見でしたね。


 昨年結婚を発表した大物カップルには福山雅治さん(46)と吹石一恵さん(33)や、山本耕史さん(39)と堀北真希さん(27)などがいますが、いずれもツーショット会見は開いていないため、業界内でも今回の会見は好評なようです」(ネットライター)


 13日からはDAIGOが7年ぶりに連ドラ出演する『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』(日本テレビ系)がスタートする。さらに16日からは、北川ヒロインの映画『の・ようなもの のようなもの』も公開予定だ。公私ともに順調で、多くのファンから愛されるふたりには、記者会見のような息のあったところをバラエティ番組などでも見せてもらいたいものだ。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

DAIGOをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ