BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

グラビア界に黒船襲来! モグラ女子10人の「ハイスペックボディ」に絶賛の声

メンズサイゾー1月12日(木)19時15分
画像:グラビア界に黒船襲来! モグラ女子10人の「ハイスペックボディ」に絶賛の声
写真を拡大

 女性向けファッション誌の人気モデル10人が、発売中の「週刊ヤングジャンプ」(集英社)の表紙・巻頭・巻末グラビアに登場。2017年最初の発売号で豪華セクシー競演が実現し、男性読者から絶賛の声が上がっている。


 同誌に登場したのは「JELLY」(ぶんか社)専属モデルの遠山茜子(19)、「Ray」(主婦の友社)専属モデルの松元絵里花(21)、「S Cawaii!」(同)専属モデルの日向カリーナ(18)、杉本美穂(19)、加藤雛(20)、「LARME」(徳間書店)レギュラーモデルの斎藤みらい(24)、レイニー(21)、「Popteen」(角川春樹事務所)レギュラーモデルの平尾優美花(23)、「with」(講談社)専属モデルの山崎あみ(19)、「CanCam」(小学館)レギュラーモデルの阿部菜渚美(あべ・ななみ/20)の10人。


 同グラビアは「日本最強 Top of ハイスペック」と題され、その煽り文句に恥じないパーフェクトボディばかり。10人全員がビキニ姿でずらりと並んだ表紙は絶大なインパクトを放っており、グラビア本編もド迫力。キュートな美形ぞろいでスタイルも完璧な彼女たちが、男性読者に向けたセクシーショットを連発している。


 遠山のようにグラビアで活躍中のモデルもいるが、青年誌グラビア初進出のモデルも多く、出版社の垣根を越えて集結した非常に貴重なビキニ姿となっている。


 これにネット上の読者からは「今週のヤンジャンのグラビア、レベル高すぎる」「顔も体も完璧」「どこのアイドル?と思ったらモデルさんだったのね、どうりでお綺麗なわけで」「美人ばかりで圧倒される」「そこらのアイドルやグラドルとはモノが違うな」「モデルのグラビアすごいね」などと絶賛の声が上がっている。


 だが、その一方で「可愛い子ばっかりなんだけど青年誌グラビアとしてはコレジャナイ感...」「やっぱりグラドルの方ががいいなあ」「男にとってモデルは別世界な感じがする」「綺麗すぎてグラドルのようなエロさがない」といった意見もあり、賛否両論となっているようだ。


「最近は久松郁実(20)や馬場ふみか(21)らモデルとグラビアを両立する『モグラ女子』が増加。巨乳ぶりが話題になった泉里香(28)のように急激にブレイクするケースもあり、モデルたちのグラビア進出が盛んになっています。その流れの中で、グラビア界を牽引する『ヤンジャン』が現役モデルたちを新年一発目の表紙に起用したのは象徴的。今年はモグラ女子たちが男性誌グラビアを席巻することになりそうです。ただ、男性読者は肉感的な女性を好む傾向が強いだけに、モデルなら誰でもいいというわけではない。モデルのグラビアにはセクシーさを感じないという声も多数あり、それが賛否両論につながっているのでしょう」(アイドルライター)


 モデルたちの襲来を迎え撃つのは本職のグラビアアイドルたち。かつてはAKB48グループが男性誌グラビアを独占し、グラドルたちが誌面から追いやられていた時期があった。しかし、SNSを最大限に活用したアピールでファンをつかんだ「尻職人」こと倉持由香(25)らの活躍によって「グラドル復権」が進行。最近はグラドルたちが雑誌の表紙やグラビアに起用されることが増加していたのだが、今度は現役のファッションモデルという難敵が現れたといえる。


 倉持はガールズポータルサイト「LoGiRL」でのインタビューで、モグラ女子について「黒船感がある」と評しており、日本人体型が大半のグラドルと比べて「細くてスタイル良くて美人でおっぱいが大きいって、こういう日本人離れした体型がくると、もう勝てない」と心境を吐露。また、別のインタビューでは「モデル出身のグラドルには同じ土俵で勝負しても雑誌の表紙争いで勝てないと思ってます」と率直な意見を述べている。


 しかし、だからといってモグラ女子に白旗を上げたわけではなく「バラエティーで知名度を上げて表紙を勝ち取りたい」「うまく棲み分けをしたい」と対抗策を語っている。さらに、前述のように男性読者からは「グラドルの方が好き」「モデルは色気を感じない」という意見が少なくないだけに勝算は十分にありそうだ。


 このままモグラ女子たちがグラビア界を席巻するのか、本職のグラドルたちが返り討ちにするのか。はたまた両者が上手に共存していくのか。どうなるかまったく読めない2017年のグラビア界から目が離せなさそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「グラビア」をもっと詳しく

注目ニュース
さんまの「無茶ぶり」にプロサッカー選手・内田篤人が思わず発した「苦言」 アサ芸プラス6月29日(木)9時58分
冗談だとしても無茶ぶり過ぎ!?6月24日に放送されたバラエティ番組「金曜プレミアムさんまのまんま初夏に大笑いしましょかSP」(フジテレビ系…[ 記事全文 ]
香取慎吾に反町隆史が出した『相棒』犯人役オファーの行方 週刊女性PRIME6月29日(木)4時0分
6月17日の『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)で、映画監督デビューを果たした水谷豊に「夢、夢は叶いますか?」と尋ねた香取慎吾。[ 記事全文 ]
不貞はどうなった!?渡辺謙「17年ぶり大河」のニュースにやっぱり批判殺到 アサ芸プラス6月29日(木)9時59分
6月27日、18年の大河ドラマ「西郷どん」(NHK)に、俳優の渡辺謙が島津斉彬役で出演することが発表された。[ 記事全文 ]
勝間和代、藤井聡太四段29連勝は「偶然の可能性」 異常なフィーバーへの嫌気がアンチ発言を生む? J-CASTニュース6月28日(水)17時26分
プロ将棋公式戦で前人未到の29連勝を達成した藤井聡太四段(14)に対し、お笑いタレントの大竹まことさん(68)が「調子に乗らすな」「誰かシ…[ 記事全文 ]
切らない選択をした麻央さん 「できれば3人目」という思い NEWSポストセブン6月29日(木)7時0分
乳がんのために亡くなった小林麻央さん(享年34)が、自身の体に初めて異常信号を感じたのは、2014年2月のことだった。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア