本田望結&紗来、TDL「アナとエルサのフローズンファンタジー」SPプログラムに登場 歌とダンス披露!

1月12日(火)20時36分 MAiDiGiTV


 人気子役でフィギュアスケート選手の本田望結(みゆ)さんと妹の紗来ちゃんが1月11日、東京ディズニーランド(TDL、千葉県浦安市)で12日からスタートする期間限定イベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」の1日限定特別プログラムに登場。イベントで劇場版主題歌「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」に乗せて歌とダンスを披露した望結さんは「エルサとアナ、オラフが喜んでくれたようでうれしかったです。すてきな思い出になりました」と満面の笑みを見せた。

 この日、望結さんと紗来ちゃんは、アナやエルサの仮装をした約150人の小学生姉妹、アナやエルサ、オラフたちと歌ったり、ダンスを披露。東京ディズニーランドの思い出について聞かれた望結さんは「私は全身ミニーちゃんになって、妹は全身プーさんになって遊んだことがあります」と明かし、紗来ちゃんは「フロートの上に乗るのは緊張しました」といいながら「今日が一番の思い出になりました」と明るい表情を見せた。

 また姉妹のエピソードを聞かれた望結さんは「お姉ちゃんとして自信があるんですけど、妹は私を頼りないと思っているみたい」といい「お風呂に一人で入れなかったり、年末に自転車に乗れるように応援してくれた」と話すと、紗来ちゃんは「お姉ちゃんはスケートでは目標にしている選手だけど、家ではお風呂に一緒に入ってあげてます」と話し、笑いを誘った。

 ディズニーの劇場版アニメ「アナと雪の女王」(アナ雪)を題材にした「アナとエルサのフローズンファンタジー」は、2015年冬に初開催。今回は、昼のパレードのほか、アナやエルサ、オラフたちと雪が舞い散る演出の中で劇場版主題歌「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」を一緒に歌う「アナとエルサのウィンターグリーティング」が初開催されるほか、夜のエンターテインメント「ワンス・アポン・ア・タイム」では、今年からアナ雪のシーンが日本語バージョンに変更される。

 期間中は「アナ雪」をフィーチャーしたイベントを行うほか、パーク内には「アナ雪」をイメージした雪や氷の結晶をモチーフにしたデコレーションが施され、約90種類の特別グッズを販売。レストランではスペシャルメニューを楽しむこともできる。イベントは3月18日まで。

MAiDiGiTV

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エルサをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ