西川史子が結婚生活に終止符「可愛い奥さんになれませんでした」。

1月12日(日)0時15分 ナリナリドットコム

女医でタレントの西川史子(42歳)が1月11日、福祉関係の会社役員(39歳)との協議離婚が成立したと発表した。昨年11月より別居状態となっており、11日に都内区役所に離婚届を提出したという。

それに伴い、西川はコメントを発表。その全文は次の通り。

※※※ ※※※ ※※※

「結婚とは、こうあるべきだ」とか
「夫婦とは、こうあるべきだ」と
自分で結婚生活のハードルを上げてしまった私は、
この4年間ずっと彼を苦しませてしまっていたのかもしれません。

大好きで結婚したのに、常に3歩前を歩いてしまう性格の私は、
可愛い奥さんになれませんでした。
こんな私をお嫁さんにしてくれた彼には心から心から感謝しています。

※※※ ※※※ ※※※

西川は2010年2月に結婚。離婚の話は1年ほど前から浮上し、話し合いを進めてきたという。

また、西川は1月5日に出演した情報番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)で年末年始の過ごし方を聞かれた際に、「元旦はペヤング食べました」「(おせちは)食べてないんです。お餅も一個も食べてない」と涙ぐみながら話し、一人で正月を過ごしていたことを示唆していた。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

結婚をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ