“最も興収上げた”映画スター、ハリソン・フォードが約5529億円で1位。

1月12日(火)9時38分 ナリナリドットコム

ハリソン・フォード(73歳)が、ハリウッド映画史上、最も興行収入を上げたスターとなった。

BoxOfficeMojo.comによると、ハリソンが出演した41作品の興行成績は合計47億ドル(約5529億円)となっており、そのうち最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が7億7000万ドル(約905億円)を占めているという。

2位にはサミュエル・L・ジャクソンが主演68作品で46億ドル(約5409億円)、5位圏内にはトム・ハンクス、モーガン・フリーマン、エディ・マーフィーらがランクインしている。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のメガホンを取ったJ・J・エイブラムス監督は、先日、あるインタビューの中で、同作品にはアカデミー賞にノミネートされるべき役者たちがいると考えているとコメントしており、名前を明確に明かすことはなかったもののその1人はハリソンを指していると言われている。

エイブラムス監督は「アカデミー賞を受け取るべき人達がいるんだ。もし彼らがそれを受賞したらとても素晴らしいだろうね。映画業界で働くことの恩恵は映画が公開されて人々がその映画を好きになってくれることで、必要以上に検証することではないんだ。もしアカデミー賞にノミネートされることがなかったらがっかりしてしまう人達が僕の中にはいるんだ。だって彼らは模範となるような素晴らしい仕事をやったんだからね」と話していた。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

映画をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ