堀北真希の告白に共演者驚く「今まであまり中華料理食べたことない」。

1月12日(火)3時20分 ナリナリドットコム

女優の堀北真希(27歳)が、1月11日に放送されたバラエティ番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演。「今まであまり中華料理食べたことない」と告白し、共演者を驚かせた。

“堀北のNGなヒト&モノ”についてトークが繰り広げられたこの日の番組。いくつかNGの話題が進む中で、「なんとなく中華料理はNG」という、意外な一面を披露する流れになった。

ほかの出演者たちがこぞって「え!? どういうこと??」と驚いたこの告白。堀北によると、「中華料理屋さんに行った、ということがあんまりない」「外で本格的なのを食べたことがない」のだという。ハッキリと“中華料理はNG”との理由はないものの、これまで中華料理全般、食べる機会がなかったそうだ。

そこで番組では、「絶対行きたくなる中華のお店」の料理として、ネプチューンの原田泰造(45歳)が“エビチリ”、堀内健(46歳)が“もやしそば”、くりぃむしちゅーの有田哲平(44歳)が“かに玉(塩味)”を紹介。

初めて食べたというエビチリには「嫌いじゃないんですけど、何味ですか?」「ビックリしました」「ちょっと苦手かもしれない」と語るなど、あまり口に合わなかったようだ。

次にもやしそば。ラーメンは「ほんとに…もう10年くらい食べてない」というが、今回食べたラーメンは「美味しいです」。最後に「お店で食べたことはない」というかに玉については、こちらも「優しい味」と気に入った様子だった。

今回の放送を受け、Twitterなどでは「なんか凄いな」「いったい何を食べて生きてきたんだ」「中華食べない覚悟がないと堀北と結婚できなかったわけか…」などの声が上がっている。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中華料理をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ