乃木坂松村沙友理「緊張感あった」ソロで初の連ドラ

1月12日(金)6時44分 日刊スポーツ

ドラマ「アンナチュラル」で、暴力を振るわれた少女を演じる松村沙友理

写真を拡大


 乃木坂46松村沙友理(25)が、今日12日スタートのTBS系ドラマ「アンナチュラル」(金曜午後10時)に出演することが11日、分かった。19日放送の第2回にゲスト出演する。ソロでは初の連ドラ出演で「とても緊張感があったので、現場の皆さんのおかげでリラックスして撮影できました」と話した。
 劇中では、主演石原さとみ(31)演じる法医解剖医チームのもとに、身元不明の少女の遺体が届けられる。松村は少女の友人役。シリアスなシーンや暴力を振るわれる演技にも挑戦する。「心がきゅっと締め付けられるような話になっていて経験したことがない役でした。アイドルとしての自分を隠して、女優としてシリアスな表現を意識しました」と振り返った。石原の印象については「座長としてすごくしっかりしていらして、勉強させていただきました」と話した。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

松村沙友理をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ