乃木坂西野七瀬「しっくり来た」ドラマで髪バッサリ

1月12日(金)14時24分 日刊スポーツ

テレビドラマ「電影少女」記者会見で20センチ切った髪を披露する西野七瀬(撮影・山崎哲司)

写真を拡大


 乃木坂46西野七瀬(23)が12日、都内でテレビ東京系主演ドラマ「電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜」(13日スタート、土曜深夜0時20分)の会見に出席した。ビデオデッキから現実世界に飛び出してきた少女アイを演じる。
 劇中の黄色い衣装で登場した。役作りのために20センチ髪を切った。「人生で初めてバッサリ切って、自分的に意外としっくり来ていたので、切ってよかったなと思いました」と笑顔で振り返った。「アイは自分と違う部分しかないんじゃないかと思うくらい全然違う。声の大きさも、ハキハキしてるし元気だし」と話し、ダブル主演の野村周平(24)について「周平くんは声が大きい人なので、自然と引っ張ってもらいました」と明かした。
 野村からは「最初は、めちゃめちゃ暗い子が入ってきたなと思って。監督とかプロデューサーさんにも、『話しかけていいんですか?』って聞いてました。ここまで話せるようになって、僕はどれだけ偉いんだと思っています」と自画自賛された。「人見知りなのっで、知らない人が来るとまず壁を作ることから始めて、ちょっとずつ距離を縮めていきます」と明かした。野村から「すぐ(壁を)ぶっ壊したけどね」と自慢されると、「周平君は、壊しにくる感じなので」と笑った。
 異性として、どの男性キャラが好きか聞かれた西野は、野村が演じる翔の名をあげ、「とにかく優しい人なので」と説明した。野村は目をつぶって喜びをかみしめ、「演じているのは俺だからね。アレは俺の優しさだから。ほとんど俺のこと好きっていっているようなもんだね!」と強引に解釈。好きな女性キャラを聞かれ「アイちゃんですよね。料理作ってくれたり、相談事乗ってくれるし、優しいし、天真らんまんだし、楽しいじゃないですか。アイちゃんイコール、西野七瀬なんですけどね」とアピールした。さらに共演の飯豊まりえ(20)大友花恋(18)からも翔の名前があがると、野村は「すばらしい記者会見になりましたね」とご満悦だった。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

乃木坂46をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ