業界初!comicoと白泉社のマンガアプリで同時連載するコラボまんが賞開催

1月12日(金)13時53分 おたくま経済新聞


 NHN comico株式会社のマンガ・ノベルアプリ『comico』と、株式会社白泉社の青年向け雑誌『ヤングアニマル』および白泉社のマンガアプリ『マンガ Park』がコラボしたマンガ賞『comico×ヤングアニマル 同時連載グランプリ“革命!!”』が開催されます。複数のマンガアプリでの同時連載で、しかも両アプリはマンガの掲載形式(読み進める形式)が異なるということで、作品の楽しみ方もそれぞれ。こうした掲載形式が異なる媒体での同時連載は業界初の試みとなるそうです。

 『comico』は世界累計で2700万(日本国内累計1500万)ダウンロードを誇る、国内最大級のマンガ・ノベルアプリ。縦スクロールで読み進められる形式やフルカラー表現など、スマートフォンに最適化した閲覧環境を特徴としています。白泉社は『ベルセルク』『フルーツバスケット』『3月のライオン』など、数々の人気作を生み出した出版社であり、近年は電子出版事業も積極的に展開。今回はマンガ事業を展開する「IT企業」と「出版社」がタッグを組んだ、これまでに例のないマンガ賞を開催することになりました。

 大賞受賞者には『comico』と『マンガ Park』両アプリでの同時連載権と、副賞として100万円を授与。その後の人気次第では、白泉社の雑誌『ヤングアニマル』での掲載の可能性もあります。なお、同時連載される作品は、「大賞受賞作」もしくは「大賞受賞者による別の連載作品」で、『comico』では縦スクロール、『マンガ Park』ではページ単位と、それぞれのアプリの形式に沿った異なる2つの形式で公開されます。複数アプリ、しかも異なる形式での同時連載はマンガ業界初の試みとなります。

 応募はプロ・アマを問わず、デジタルで作成されたオリジナル作品が条件。作品の投稿は『comico』WEBサイトの「チャレンジ投稿」にて受け付けており、投稿時は「縦スクロール」「見開き」どちらの形式でも可能です。「縦スクロール形式」から「見開き形式」への編集は、ヤングアニマル編集部が全面バックアップ、そして「見開き形式」から「縦スクロール形式」への変換とカラーマンガ化は、comico編集部が行います。

 応募期間は2018年1月12日〜2018年4月15日の23時59分。結果発表は2018年6月8日を予定しています。その他の詳しい条件、規定等は『comico』WEBサイト上の特設ページを参照してください。

(C)NHN comico Corp.

(咲村珠樹)

おたくま経済新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マンガをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ