織田裕二&松嶋菜々子、“17年ぶり”というより「初共演みたいな感覚」

1月12日(金)21時18分 オリコン

WOWOW『連続ドラマW監査役 野崎修平』の完成披露試写会に出席した織田裕二、松嶋菜々子 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 俳優の織田裕二、女優の松嶋菜々子らが12日、都内で行われたWOWOW『連続ドラマW監査役 野崎修平』(14日スタート、毎週日曜 後10:00、全8話※第1話無料放送)の完成披露試写会に出席した。織田と松嶋は、2000年公開の映画『ホワイトアウト』から17年ぶりの共演、とキャスト発表時に話題になったが、松嶋は「実は一緒のシーンがほとんどなかったので、久しぶりの共演というより、初めてお会いしたような気がしていました」。織田も「これが初共演みたいな感覚でした」と感想を述べ合っていた。

 そんな織田と松嶋を間接的に結びつけていたのが、撮影カメラマンや照明、録音のスタッフ。『ホワイトアウト』のスタッフが本作にも参加しており、松嶋は「カメラワークに『ホワイトアウト』を思い出させるような懐かしい感じもして、新鮮でもありました」。織田も「映画を5作くらい一緒にやったスタッフだった」といい、「またこのチームで作品が作れたら」と願っていた。

 同ドラマは、バブル経済が崩壊し、“金融ビッグバン”に銀行業界が直面した1990年代末を背景に、大手銀行の監査役が活躍する経済漫画(原作:周良貨、作画:能田茂/集英社)が原作。正義感と人情、そして冷静な判断力で銀行の“悪”をさばいていく銀行の監査役を演じた織田は「この作品が決まってから、いろんな方に『ぴったりな役だね』って言われた。そんなイメージですか?」と観客に問いかけるひと幕も。「Yes」の意味の拍手が沸き起こると、「そんなに真面目に生きていたつもりではないんですが」と照れていた。

 全8話、「変化球一切なし、ストレートをひたすら投げ続けて、肩がぶっ壊れるんじゃなかというくらい。だんだん顔面崩壊していきます」と迫真の演技の連続であることをアピール。「精根尽き果てるまで叫んだ、生まれてこんなに叫んだことはないだろうというくらい叫んだり、目をガット見開いて芝居をしたような思いがあります」と熱演を振り返っていた。

 ほかに、岸谷五朗古谷一行、権野元監督が出席した。なお、松嶋と岸谷は第2話からの出演となる。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

共演をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ