BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

勤務中にゲームをしていた保安官が降格処分! 自覚症状が希薄な“スマホ中毒”にも要注意

おたぽる1月12日(火)11時0分
画像:「WBPF News」より。
写真を拡大
「WBPF News」より。

 電車内でスマホを操作してゲームアプリを楽しんでいる人々の姿を見かけるのも今やすっかり日常の光景になっているが、社会生活を送る上でゲームを楽しむには、はやり気持ちのほうのオン・オフの切り替えも肝心であるようだ。


■勤務中のゲームで緊急通報への対応が遅れる

 米・ABC系列の「WPBF News」によれば先ごろ、フロリダ州パームビーチ郡の保安官が当番中に携帯ゲームをしていたとして懲戒処分を受け、役職を降格されたということだ。ゲームファンには結構ゾッとする話ではないだろうか。

 昨年10月21日、レイクパークで起きたひき逃げ事件の通報を受けたパームビーチ郡保安官事務所の保安官、チャールズ・モリスはすぐには対応せずに電話を保留し、当直の保安官を現場に向かわせるまでに40分もの時間がかかったという。また、その後に受けた発砲事件の通報にも保安官を差し向けるまでに9分もの時間を要したということだ。一体この保安官はなぜすぐに対応できなかったのか……。

 懲戒委員会の調査によれば、チャールズ・モリスはこの時、携帯ゲーム機でゲームをプレイしており、ゲームに熱中するあまり職務を速やかに遂行することができなくなっていたということである。ちなみに携帯ゲーム機とプレイしていたゲームソフトのタイトルは公表されていない。以前から彼の勤務中のゲームによる職務怠慢は報告されており、2014年から2015年の間で今回が3度目のことであるという。彼は保安官事務所内で通信業務指導官という高位の役職にあったが、同スポークスマンによれば彼は今回の件で職位を降格されたということである。

 ゲームアプリの普及や、携帯ゲーム機の高性能化でゲーム好きにとってはいつでもどこでもビデオゲームを楽しめる夢のような環境が実現しているが、新年を機にあらためて仕事とゲームの切り替えの重要性を肝に銘じたいものだ。

■“スマホ中毒”は実際にある依存症

 昨年10月には、埼玉県・飯能市の職員が過去1年間にもわたって勤務時間中にスマホでゲームをプレイしていた実態が明らかになり懲戒処分を受けたことがニュースになった。この職員がプレイをしていたのはGPS機能を使った対戦型陣取りゲーム『Ingress』で、彼がゲーム内でも飯能市の市役所を守っていたことからさらに話題を呼び、発覚したのもゲームの対戦相手の通報がもとになっていたということで、まさに時代を先取りしたような一件であった。この職員がもしオンラインゲームではないほかのゲームをプレイしていたなら、おそらく発覚していなかったからだ。

 また2013年には、京阪電鉄の運転士が運転中にスマホでメールやゲームをしていたことが発覚して処分を受けたことが世に衝撃を与えた。多くの人命を預かる運転士の行為だけにショックも大きい。

 これらの話題はゲーマーにとっては改めて矜持を正さなければならないものになるが、ある専門家に言わせればゲームアプリに限らず、いわゆる“スマホ中毒”は実際に罹りうる依存症だということだ。英ノッティンガム・トレント大学のマーク・グリフィス教授によれば、下記の10の項目のうち6つ以上にうなずける人は立派な(!?)“スマホ中毒”だということである。

・生活の中でスマホ(携帯電話)が最も重要なアイテムだ。
・私がスマホに費やしている時間が、家族やパートナーから問題視されたことがある。
・私のスマホは仕事にも勉強にも大いに役立っている。
・1日の活動の中でスマホに費やす時間が一番長い。
・ちょっと気分を変えたい時にもスマホを活用している。
・スマホを使う時間が徐々に延びてきている。
・スマホを使えない環境にいたとすれば不機嫌になりイライラする。
・1日何度かスマホを使いたい強い衝動に襲われる。
・スマホの利用を制限された状況から解放されたときは、いつもより長い時間スマホを使ってしまう。
・実際の1日のスマホ使用時間を人に対しては少なめに言っている。

 スマホの登場によって我々の生活は大きく変わっているが、TPOをわきまえ、どう使うかは個々の判断次第だ。決して“ゾンビ”化しないよう、文字通りスマートに携帯端末を活用したいものだ。
(文/仲田しんじ)


【参考】
・WBPF News
http://www.wpbf.com/news/pbso-dispatcher-accused-of-playing-video-games-on-duty/37174650

・朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASHBJ5G9HHBJUTNB00T.html

・Digital Trends
http://www.digitaltrends.com/mobile/is-smartphone-addiction-real/

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「スマホ」をもっと詳しく

注目ニュース
B'z稲葉(52)、テレビでの「豹変」に驚き トーク中「老けた?」→歌「マイナス15歳...」 J-CASTニュース9月19日(火)15時53分
B'zがデビューしたのは、まだ年号が「昭和」だった1988年だ。それから約30年、当時23歳だったボーカル・稲葉浩志さんも、すでに52歳で…[ 記事全文 ]
市川海老蔵と小林麻耶で噂される再婚は大河ドラマにも出てくる風習だった!? アサ芸プラス9月19日(火)5時59分
6月に妻の小林麻央さんを乳がんで失った市川海老蔵を巡って、麻央さんの実姉であるフリーアナの小林麻耶との再婚が取りざたされている。[ 記事全文 ]
“中学生を妊娠”誤報の「月曜から夜ふかし」に人気出演者を激怒させた過去も! アサ芸プラス9月19日(火)9時58分
9月11日に放送されたバラエティ番組「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)にて謝罪コメントが発表された。[ 記事全文 ]
市川海老蔵「再婚最有力候補」小林麻耶との複雑な関係 まいじつ9月12日(火)10時30分
(C)まいじつ市川海老蔵の再婚相手に、妻の麻央さん(享年34歳)の姉でフリーアナウンサーの小林麻耶が最有力候補だとして、まことしやかに囁か…[ 記事全文 ]
山下智久、頻繁にエゴサーチしていた「気になってしょうがない」 モデルプレス9月19日(火)19時23分
【山下智久/モデルプレス=9月19日】ジャニーズの山下智久が18日放送のクイズ番組「ネプリーグ」(フジテレビ系)に出演。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 B'z稲葉(52)、テレビでの「豹変」に驚き トーク中「老けた?」→歌「マイナス15歳...」J-CASTニュース9月19日(火)15時53分
2 市川海老蔵と小林麻耶で噂される再婚は大河ドラマにも出てくる風習だった!?アサ芸プラス9月19日(火)5時59分
3 “中学生を妊娠”誤報の「月曜から夜ふかし」に人気出演者を激怒させた過去も!アサ芸プラス9月19日(火)9時58分
4 山下智久、頻繁にエゴサーチしていた「気になってしょうがない」モデルプレス9月19日(火)19時23分
5 中居正広の暗躍、ジャニーズ事務所をも秤にかける存在に週刊女性PRIME9月19日(火)4時0分
6 市川海老蔵「再婚最有力候補」小林麻耶との複雑な関係まいじつ9月12日(火)10時30分
7 山下達郎、ライブ中の「客の合唱」は迷惑 「あなたの歌を聴きに来ているのではない」J-CASTニュース9月19日(火)15時7分
8 小森純、5年ぶりテレビ出演でペニオク騒動を謝罪へモデルプレス9月19日(火)19時1分
9 Mステ特番で嵐・松本潤が櫻井翔との「不仲説」一蹴まいじつ9月19日(火)10時55分
10 香川照之「当時、私の息子が数字に興味を…」 「半沢直樹」の名ぜりふはアドリブだったエンタメOVO9月19日(火)14時25分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア