「楽しいけどなんなのこれ」「寝てねえ」iOS版は審査通らないかも!? 7人の女性のお尻をジックリと眺めながらクイズに回答する『シリモジスタ』

1月12日(火)22時0分 おたぽる

『シリモジスタ 入門編』リリースより。

写真を拡大

——日夜膨大な量がリリースされるアプリゲーム関連情報。注目情報から世間の反応までを概観します。(週2回更新予定)

■『シリモジスタ 入門編』
 今月12日、サウザンドゲームズは『シリモジスタ 入門編』をAndroid向けに配信開始。同作は、メディアでも取り上げられたアプリ『シリモジスタ』の最新作だ。

『シリモジスタ 入門編』は、7人の女性ダンサーが個性あふれるパフォーマンスで届ける無料尻文字クイズゲーム。回答は選択方式で気軽に楽しむことができ、時間制限や回数制限もなし。お尻をジックリと眺めながら、何度でもクイズに挑戦することができるぞ。また、どうしても解けない時に助かるヒント機能も搭載。20種類ある尻文字メッセージを全てクリアして、シリモジマスターを目指そう。

 そんな同作には、「『シリモジスタ』楽しいけどなんなのこれ」「寝てねえ『シリモジスタ』楽しい」と睡眠を忘れるほど好評の様子。また、サウザンドゲームズのTwitter(@ThousandGames)では、PR担当のチベットスナギツネ“ぎんのすけ”がつぶやき中。新年1発目のツイートでも『シリモジスタ』の宣伝をするなど、チキンとPRの仕事をしているもよう。

『シリモジスタ』と『シリモジスタ 入門編』は現在、どちらもAndroid向けのみの配信となる。しかし、ぎんのすけは「『シリモジスタ』iPhone版の開発がいよいよ大詰めなのだ!」と、iOS版もそろそろ配信されるかもしれない旨を報告した。しかし「でも、審査が通るか、とっても心配…」と続けている。iOS向けが無事審査を通ることを願おう。


■『Cava Racing〜ドリフトの限界に挑め!〜』
Sidora Marketingは今月12日、iOS向けに『Cava Racing〜ドリフトの限界に挑め!〜』(以下、『Cava Racing』)の配信を開始した。同作は、フィンランド発の異次元レースゲームとなる。

『Cava Racing』は異次元無重力空間を舞台に、常にドリフト状態でコースを走り最速を目指すゲーム。スピードだけでなく、ドリフトによる美しいラインを作り出す楽しさも魅力。レースに使用するマシンはブレーキを持たず、プレイヤーはスリルに満ち溢れたレースが体験できる。操作方法はアクセルとブーストを指2本で操るといった簡単なもの。複雑なカーブや無数の障害物をドリフトで華麗に避けよう。

 そんな同作に対して本家・海外ユーザーの声を紹介すると、「ありえないほど面白い!」「時間をつぶすために、手元に残したいゲームのひとつだ!」と大好評のようだ。2015年4月には中国のApp Storeのお薦めゲームに選ばれたこともある『Cava Racing』。海外のApp Storeで有料販売なのだが、なぜか日本では無料・アプリ内課金なしで提供されるみたい。なぜ日本は無料なのか疑問は残るが、一度プレイしてみても良さそうだ。


■『山手線走ってみた。』
 グッディアが今月8日にiOS、12日にAndroid向けに『山手線走ってみた。』を配信開始。同作は電車や障害物を避けて、山手線を駆け回るミニゲームアプリとなる。

 画面を指でスワイプし、プレイヤーを上下左右に移動させて、どこまで走り続けられるかを競い合う『山手線走ってみた。』。東京→有楽町→新橋…と山手線一周を目指すのだが、工事や落とし穴、対向電車など線路には危険がいっぱい。前方も後方も気をつけて山手線を走り続けよう。

 子どもから大人まで、誰もが簡単に楽しめる、これぞゲーム的な『山手線走ってみた。』。ベストスコアで世界ランキングに挑戦することもできるぞ!

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

女性をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ