松方弘樹さん、最近は「ほとんど言葉も出ない」状態だった

1月12日(木)7時0分 NEWSポストセブン

年末年始は言葉も出ない状態だったという松方弘樹さん

写真を拡大

 1月21日に脳リンパ腫のため亡くなった松方弘樹さん(享年74才)。マグロといえば、なんといっても松方さんだった。真っ白なクルーザーでマグロ相手に竿を振るうドキュメンタリーは、正月番組の定番だった。


 2015年5月には、石垣島沖で361kgもの超巨大マグロを釣り上げ、世間は仰天。このマグロは、すしざんまいが約185万円で落札。松方が釣ったマグロの握り約1万2000貫を求めて、都内各店には大行列ができたほどだ。


 著書『松方弘樹の世界を釣った日々』(2016年3月、宝島社)の出版を目前にした昨年2月、頭痛や体のしびれなどを訴えて医師の診断を受けた松方さんは、そのまま大学病院への入院を余儀なくされた。


「入院時には右手右足に軽いしびれがありました。開頭して生体検査を行った結果、脳リンパ腫であることが判明したんです」(病院関係者)


「脳リンパ腫」とは脳の深部にできる悪性のリンパ腫で、発症率は10万人に1人という非常に稀な病気だ。腫瘍の場所によって体の麻痺や失語症、視力・視野の障害や認知能力の低下といったさまざまな症状を引き起こす。また、腫瘍によって脳が圧迫され、激しい頭痛や嘔吐に襲われることもあるという。松方さんの知人が言う。


「腫瘍が脳内にあるため手術で病巣を取り除くことは難しいらしく、松方さんは放射線治療と抗がん剤治療を中心に取り組んでいました。ところが昨年秋頃、ちょうど抗がん剤を投与しているときに脳梗塞を起こしてしまったそうです」


 脳リンパ腫によって脳にストレスがかかったり、抗がん剤を使う“副作用”で脳梗塞を併発する例は少なくないとされる。松方さんの場合はそれが抗がん剤をまさに投与中だったので、一時的に脳リンパ腫の治療を中止せざるをえなくなったという。


「しばらくして再開しましたが、その後もさらに小さな脳梗塞を2度起こしてしまったようで、腫瘍の治療が思うように進んでいなかったようです」(前出・知人)



 そのため、松方さんの容体はかんばしくない状況が続いていた。


「体を自由に動かすことが難しくなり、自力でベッドから起き上がることができない状態なので、秋頃から移動はすべて車椅子です。調子のいい悪いはありますが、この年末年始はほとんど言葉も出なくなっていました。意識も混濁することが多くなり、病室を見舞った人の顔を見ても誰だかわからないような状態だったそうです。容体は一進一退。一時的に危険な状態に陥ることもあったようです」(別の松方の知人)


 昨年春の入院当初は、大学病院のVIP個室にいたという松方さんだが、いつ仕事に復帰できるのかもわからない中で、経済的にも厳しい状況に追い込まれていたという。


「昨年の秋頃には個室ではあるが、かなり狭い部屋に移ったそうです」(前出・病院関係者)


 病室では25年間、松方と暮らしている事実婚の女性が毎日、朝から晩まで寄り添っていた。


 松方さんのマグロの最高記録は361kg。もう一度、大海原で釣り竿をしならせ、大物を釣り上げる松方さんの姿が見たかった。


※女性セブン2017年1月26日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

松方弘樹をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ