BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

俳優・山本學、田宮二郎さんとの最後の握手は痛かった

NEWSポストセブン1月12日(木)11時0分
画像:山本學が田宮二郎さんの思い出を語る
写真を拡大
山本學が田宮二郎さんの思い出を語る

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。劇団俳優としてキャリアをスタートした、テレビドラマで活躍していた山本學は、テレビドラマ『白い巨塔』(1978年)で田宮二郎が演じる財前五郎と対立する医師、里見脩二を演じた。田宮との共演の思い出を語った言葉からお届けする。


 * * *

 山本學は1964年のテレビドラマ『愛と死をみつめて』(TBS)で人気を博した後は脇役を中心に多くの作品に出演した。


「スケールの大きい役者にはなれなかったけど、野球でいうと、ショートにいて『レフトまでは走ってボールを捕りに行けないけれど、自分の守備範囲に飛んできたら必ずダブルプレーをとる』という意識でいます。


 劇団の芝居で地方を歩いてきましたし、色々なジャンルで仕事してきましたので、本数だけは物凄く多いです。いつも、その場その場で必死でした。余裕を持っていられたことはありません。いつでも追われて、『どうだった?』と人に聞いて、撮影が終わって自分のを観たら『もう嫌だな。なんでここでこんなことをしたんだろう』と落ち込んで──その連続です。


 ですから、弟たちからは「あんちゃん、何でそんなにコチョコチョいろいろやるのよ』って言われます。そういう時は『でも、コチョコチョやってなきゃいい仕事は来ないんだよ』と言い返します。それでも『もっとノビノビといい仕事だけやってればいいじゃないか』と言われるんですが、ともかく仕事をやり続ける中でいい仕事が生まれると思うんですよ。『最初からいい仕事なんて、なかなかないよ』という話はよくしています。


 そのドラマの中で自分はどういう役割を担っているか。それだけは誠実にやっています」


 1978年のテレビドラマ『白い巨塔』(フジテレビ)では田宮二郎扮する野心家の外科医・財前と対立する内科医・里見を演じている。


「医者のことは結構勉強しました。それで気づいたのは、外科と内科の違いです。内科の名医ってみんな、『どういう痛みか』を自分から患者に聞かないんですよね。患者の話をよく聞いて、向こうから自然と言わせる。『言わせないで言わせる』んですよ。ですから、外科医は決断ですが、内科医は忍耐。果断に動くことはない。そこは意識しました。


 田宮さんとの最初の撮影は薬の投与をめぐって論争をする場面からでしたが、彼はもう震えながら激昂して演じていた。僕は『最初からこんなテンションで演じていたら後で大変なことになる。最初はもうちょっと抑えていかないと』と思って、途中で撮影を止めたんです。そういう演技ってテレビはいいと思って使っちゃうんですよ。でも、後で編集で繋ぐとそこが出っ張る。


 彼は怒ってセットの裏に行ってしまいました。最終的には僕が謝りましたが、彼もそれだけ怒るくらい一生懸命でした。それが面白かったんだと思います。田宮さんがああいう風に面白くなければ、ドラマ全体も面白くはなりませんから。ある意味では、僕の役はどうでもいい。


 彼は最終回が放送になる直前に自死されてしまいます。最後に握手するシーンがあるのですが、リハーサルから手が痛くなるくらいに握ってきました。彼が亡くなった時、いかに本気で演じていたかを思いました。あの痛みは今も覚えています。もっとちゃんと付き合えばよかったと思いましたが、あの時は付き合いようもありませんでした」


●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。


◆撮影/藤岡雅樹


※週刊ポスト2017年1月13・20日号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「俳優」をもっと詳しく

注目ニュース
板野友美が元カレTAKAHIROに暴露攻勢 まいじつ9月22日(金)16時0分
(C)まいじつ9月1日に『EXILE』のTAKAHIROと武井咲と結婚を発表した。[ 記事全文 ]
香取ら3人所属の会社名で検索 信用調査会社データ「役員欄」を見ると... J-CASTニュース9月22日(金)19時44分
元SMAPの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんらが、株式会社CULEN(カレン)とともに活動を展開していくことが、同社ウェブサイトで…[ 記事全文 ]
夏菜、豊満バストこぼれ落ちそうなキャバ嬢ショットにファン興奮! 「まだ大きくなる?」と期待も おたぽる9月23日(土)9時0分
来月から放送予定のドラマ『ハケンのキャバ嬢・彩華』(AbemaTV・朝日放送の共同製作)に夏菜が主演することが18日に発表された。[ 記事全文 ]
高橋一生の“後ろからハグ”表紙にネット女子たちの妄想爆発 女性自身9月23日(土)6時0分
俳優の高橋一生(36)が、9月20日発売の女性誌「an・an」(マガジンハウス)の表紙に登場。[ 記事全文 ]
米倉涼子が「ずっと不機嫌」「写真修正急増」「取材コメント削除」の異常事態 messy9月22日(金)18時0分
皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!入籍&おめでたと明るい話題を振りまいてくれた武井咲ちゃんの渾身作『黒革の手帖』(テレ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア