“異能の主婦”、世田谷一家殺害事件が今年5月に進展と透視

1月12日(金)7時0分 NEWSポストセブン

A子さんが描いた犯人の似顔絵

写真を拡大

 発生18年目を迎え、いまだ犯人逮捕に至らない世田谷一家4人殺害事件。これは、2000年12月30日深夜〜翌31日未明にかけて、東京都世田谷区の会社員宅で両親と2人の子供計4人が殺害された事件だ。現場には洋服や帽子など多数の遺留品が残されていたが、いまだ犯人の特定には繋がっていない。


 2017年12月17日、現場近くの駅前で警視庁捜査一課長自らが、犯人が着ていたトレーナーの特徴が描かれたチラシ入りのマスクを配布し、情報提供を呼びかけた。


「犯人は必ず検挙します。必ず逮捕します。情報提供につきましても、躊躇することなく、積極的にお願いします」


 そう話す捜査一課長の表情は、鬼気迫るものがあった。これまでに投入された捜査員はのべ23万人。犯人逮捕に繋がる有力情報への懸賞金は2000万円にまで引き上げられたこの重大未解決事件に対し、「今年は動きがありそうです」と話す女性がいる。


 本誌・女性セブンで過去に幾度も未解決事件の透視を行い、犯人の似顔絵を描いてきた「異能の主婦」ことA子さん(50才)だ。


 栃木県在住の彼女は、2005年に同県今市市で起きた小一女児殺害事件について、2014年6月に勝又拓哉容疑者が逮捕される以前から、犯人の容貌や年齢、さらには名前まで完ぺきに言い当てていた。


 普段は専業主婦ながら、地元では知る人ぞ知る占い師でもある彼女の透視能力を頼って、栃木県警が2007年に捜査協力を要請していたこともわかり、この事実を勝又容疑者の逮捕時に本誌が報じたところ、大きな話題になった。


 A子さんが世田谷一家殺害事件について語る。


「2014年末から、被害者の1人である父親の宮澤みきおさん(享年44)が枕元に立つようになったんです。まだ成仏できないのでしょう。『どうか犯人を捕まえてください』と言って、事件当時の様子や彼が見た犯人の顔まで細かく話してくれました。父親は、『犯人は知人ではないが、家の周りで見たことがあった』と言っていたので、当時、犯人は自宅周辺を徘徊していたのかもしれません」


 2015年1月、本誌は彼女が書いた犯人の似顔絵を公開。身長170cm、30才前後で、鼻や目の周りにあるホクロが印象的な男の顔だった。捜査本部にも情報を提供すると、電話越しに「A子さんの連絡先を教えてほしい」とお願いされた経緯がある。


「最近も希に父親が夢に出てくるのですが、『犯人は確実に追い詰められている』『大きな動きがあるだろう』と話していたんです。私が視たところ、今年5月頃になにか捜査に進展があるような気がします。父親の言葉は今までにないほど力強かった。今年こそ、一家の無念が晴れるのではないか、という期待を持っています」(A子さん)


 この言葉が現実になる日を祈るばかりである。


※女性セブン2018年1月18・25日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

世田谷をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ