年間1億冊売れる「手帳」 夏樹陽子と辛酸なめ子の活用法

1月12日(金)16時0分 NEWSポストセブン

手帳は相棒のような存在と語る辛酸なめ子さん

写真を拡大

 総務省の調査によると、2016年のモバイル端末普及率は過去最高の83.6%を記録した。電子書籍の市場規模も年々拡大し、デジタル化が進む一方で、アナログの極みである手帳の人気は衰えを知らない。現在、国内で販売される手帳は1年に1億冊といわれている。


 女優の夏樹陽子さん(65才)もそんな手帳愛好家の一人だ。自身で予定を管理する夏樹にとって、手帳は「超優秀なマネジャー」なのだそう。


「仕事の依頼が入ったら、すぐに手帳を開いて書き込みます。そのとき、シールを活用するのが私流。毎年年末に占い師に『ラッキーな日』『運勢の悪い日』を割り出してもらい、3時間かけてシールを貼って色分けして一目でわかるようにするんです。例えばディナーショーをする際、候補日が複数あったら、運勢がいいゴールドのシールの貼ってある日にするとか、シールの色をもとに仕事の予定を決めます」


 さらに、コラムニスト・辛酸なめ子さん(43才)も手帳を肌身離さない。


「ひとりで仕事をしている私にとって、手帳は頼れる“相棒”のような存在」


 辛酸さんの今の“相棒”はフランスの文房具メーカー『クオバディス』の手帳。


「8時から22時まで1日のスケジュールを細かく書き込めるところが気に入って、重宝しています。ここに原稿の締め切りを書くのですが、本当の締め切りよりも数日前に書いて、その日までに必ず仕上げます。締め切りを破ったことはありません。過去『英語手帳』や『朝活手帳』など変わり種に手を出したこともありましたが、やっぱりこの手帳がしっくり来る」


 手帳でしっかりスケジュールを管理しながら、浮かんだコラムのネタや取材内容はノートに大胆に書いていく。


「最近書いたのは、酒井法子のディナーショーの様子です。衣装のイラストやお客さんの様子をその場でメモ。撮影禁止だから、テーブルの下で人目を気にしながらさっと書きました」

 

※女性セブン2018年1月18・25日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

手帳をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ