クリス・ブラウンがホストを務めたパーティで発砲事件。数名が撃たれる惨事に。

1月12日(月)12時40分 Techinsight

クリス・ブラウンがホストを務めたパーティで発砲事件。負傷者も!

写真を拡大


このほど、人気歌手クリス・ブラウン(25)がクラブにてホストを務め、そこで自慢の歌を披露し客らを酔わせた。しかしその最中に、まさかの発砲事件が勃発。数名が銃弾を受け負傷する惨事となった。

米時間10日午前1時20分頃、サンノゼ「Fiesta Nightclub」にてパーティをホストしていたクリス・ブラウンは、約700人もの客の前で自慢の歌声を披露。が、その最中に突然銃声が鳴り響き、クリスは関係者に抱え込まれステージで身を伏せた。

「誰かが銃を撃ってる! 撃ってるのよ!」

女性客のそんな絶叫に続き、再び発砲音が響き、現場は大混乱状態に。すぐさま警官隊が駆けつけ4名の怪我人を発見し、負傷者らはただちに病院に搬送された。また事件直後に現場から姿を消したもう1名の負傷者も、その後自ら病院に向かったもよう。負傷者らの怪我の状態は明かされていないものの、幸いにも命を落とす最悪の事態は回避できたらしい。

またこの事件後に数名が拘束されたものの、現在はまだ捜査段階のため、事件の背景や容疑者の氏名、また発砲目的についても発表はない。

クリスと関係者達については「事件とは無関係」と警察は考えているもようで、クリスが弾丸を浴びることもなかった。クリスは「怪我はない」と事件後にツイートしたが、その後それを削除している。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

発砲をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ